アンティーク着物でお洒落なレトロ感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レトロ感や色づかいが可愛いアンティーク着物。

「アンティーク着物」とは、江戸末期から昭和初期までに作られた着物のことを言います。

最近では、ただ着物を着るだけでなく、アンティークの着物に洋風のものを取り入れてお洒落に着る若い方も多いです。

お洒落を楽しめるアンティーク品は、リサイクルショップや中古の着物を扱うネットショップで簡単に手に入れることができます。

アンティーク着物は古くに作られた着物です。買うときには、着物の状態を気にしてみてください。
・生地の傷み、キズ、生地が薄くなっていないか確認しましょう。
・生地の色が変色していないか、シミ、汚れがないか確認しましょう。
・サイズが小さくないか確認しましょう。

アンティーク商品は、70年以上前に作られた着物です。
もちろん劣化しているが多くありますが、それ以上に個性的でお洒落なものも多いです。
リサイクル着物錦屋でも、アンティーク着物アンティーク帯は多く取り扱っています。一点一点、厳しく検品しているため、生地の状態やシミ、汚れなどを写真と商品説明で確認することができます。また、商品の状態について、状態が良いもの、着用に問題のないものと分けているので参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*