雨でも着物を楽むためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物を着て出かける日に雨が降ってしまったら、どうすればいいでしょうか?
お出掛けする日が晴れとは限りません。
「着物でお出かけしたい、どうしても着物を着なければいけない」
そんな日に安心して外出できる、雨の日対策についてのお話です。

まず、雨の日に最も影響を受けるのは足元です。
草履や足袋、着物の裾が雨に濡れてしまうのを防ぎましょう。

■ウレタン草履で雨なんて怖くない!
ウレタン素材の草履は、鼻緒の挿げ替えが出来ませんが、比較的リーズナブルな価格帯のものが多いです。雨の心配が不要で、現代風なおしゃれな柄もたくさんあるので、普段使いにもおすすめです。
さらに、足袋カバーを併せて使うと、雨なんてへっちゃら!

■撥水加工の足袋が心強い
草履は無事でも、足袋が雨に濡れて気持ち悪い思いをするのは嫌ですよね。
最近は撥水加をされた足袋があり、水滴がコロコロと足袋の上を転がって流れ落ちていくので快適です。

■ポリエステルの着物で雨シミの心配いらず
ポリエステルの着物は自宅で簡単にお手入れが出来ますので、雨にぬれてもシミになりにくく、雨の日にぴったりです。正絹の着物では濡れることを心配してしまいますが、ポリエステルの着物なら、天候を気にせずお出かけできます。

■着物も帯もしっかり守りたいなら「雨コート」
カッパと同じ感覚でサッと羽織るだけ、撥水加工された生地がしっかりと水をはじいてくれます。
大事な一張羅を汚したくない時にぴったりです。畳んで持ち運びもできるので、いざという時にすぐ使えるのも高得点ですね。


雨だからって、せっかくのお出掛けを洋服に変更しなくても大丈夫!
事前に雨の日対策をして、お天気を気にせず着物を楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*