家紋

色々な縫い紋の手法【松山市なら、即日発送可能】


縫い紋には様々な縫い方があり、それぞれで見え方が異なります。手法とその見え方を知っていると、紋入れをする際にも、自分らしく仕上げることができますね。それぞれの手法と見え方についてご紹介します。

■平糸地引縫い・・・平面的で、生地の目にそって糸を引き、しけ糸で少し斜めにおさえ、目立たないようにしたもの。
■すが縫い・・・落ち着いていて平面的。強手撚りで生地の目にそって糸を引き、同細糸でとめてあります。
■中陰縫い・・・やや立体的。平糸割縫い仕上げがされています。中陰紋として女性に多く使われます。
■まつり縫い・・・細い線を目立たせる縫い方。控えめですが美しく見えます。
■駒つめ・・・駒で、針に通して使えないものを駒に巻き、這わしてとめたものです。
■ちゃら縫い・・・駒つめと同じ器具を使用して、糸の幅をあけて仕上げたものです。
■折り返し縫い・・・撚金を駒に巻き這わして止め、折り返し仕上げとなっています。
■相良縫い・・・撚糸で人張りずつ結び玉を作って仕上げます。立体的な仕上がりになります。
■芥子縫い・・・芥子粒を散らしたような細く目立ちにくい仕上がりが特徴。男性の紋などで控えめにしたい時に使うことがあります。

紋の格について【松山市なら、即日発送可能】


■紋の格

礼装の着物には背、両袖、両胸に全部で五つの紋が付きます。これが最も格の高い装いとなります。
準礼装になると背、両袖の三つ紋か、背のみの一つ紋とされています。三つ紋と一つ紋では、三つ紋の方が格が上です。

また、紋の種類によっても格が異なり、染め抜き、縫い紋、貼り付け紋などがあります。先染めである染め抜き紋が最も格が高いとされています。
染め抜き紋は細い線を描き、白く染め抜いたものが正式で日向紋(ひなたもん)といいます。それに対し、細い線の方を白く染め抜いた裏紋を陰紋(本陰)といいます。また、陰紋には白い部分を太く染め抜いた中陰紋もあり、紋の形がはっきり分かるので、陰紋よりは中陰紋の方が格が上と言われています。
縫い紋は白いとや表地と共色の色糸、金糸銀糸で刺繍して紋を付けたもののことを言います。これにも日向紋と陰紋があり、縫い方の種類も様々ですのでそれぞれに使い分けます。男性が御召や紬に縫い紋を入れて準礼装とするのは、先染めで染め抜くことができないためで、女性の染め抜き紋とほぼ同格と言ってもよいでしょう。女性の場合は、縫い紋は着物を染め直してからでも入れられるので、染め抜き紋に比べて略式とされます。また、花柄などの刺繍で家紋ではないものは洒落紋と言われ、改まった席には不向きです。
貼り付け紋は、表地と同じ白生地に描いた紋を切り抜いて貼り付けるものです。

紋の基礎知識【杉並区なら、即日発送可能】

■紋の種類
着物に入れる紋は、その技法によっていくつかの種類に分けられます。代表的なものは、着物を染めるときに白く染め抜く「染め紋」。これには、紋の形を染め抜く日向紋と、紋を描く線を抜く陰紋があります。染め抜き日向紋が最も正式で格上とされ、第一礼装にはこれを用います。
染め紋に次ぐものに、「縫い紋」があります。これは刺繍で紋を入れたもので、略礼装などには色糸を使ったり、輪郭に金糸をあしらう、色を変えてぼかしにするなどの技法もあります。
このほかには、やや遊びを取り入れた「洒落紋」があります。これにも染め紋と縫い紋がありますが、どちらも鮮明な色彩で本来の家紋のまわりを色とりどりの花で囲んだり、家紋と花などを組み合わせたもの、家紋とは関係なく松竹梅などのおめでたい模様を取り合わせて紋としてデザインしたものなどがあります。また、やや特殊なものとして「貼り紋」があります。これは、貸衣装などでもともと紋の入っていない着物に、同じ地布に紋を入れたものを切り抜いて貼り付けるものです。
 
■紋の数と位置
着物の紋は、入れる位置が決まっています。紋付きにする場合、必ず入れるのが背中心。「背紋」といい、背紋のみのものを一つ紋と言い、略礼装となります。
次に両方の後ろ袖に入れる「袖紋」。袖山から約7.5cm下がったところに、外袖の幅の中央に紋の中心が来るように入れます。背紋と袖紋を入れたものを三つ紋と呼びます。
さらに両胸に胸紋、抱き紋と呼ばれる紋を入れます。すべての紋を入れたものが五つ紋です。
紋の数は増えるにしたがって格が上がりますので、第一礼装である黒紋付(黒喪服)、黒留袖には必ず染め抜き日向紋の五つ紋を入れます。

家紋について 【札幌市なら、即日発送可能】

それぞれの家には、古くから目印として使用されていた「家紋」があります。現在、正装用の着物には、家紋を入れて着用することが一般的になっています。そんな家紋について詳しく解説いたします。
〇家紋の数〇
・五つ紋・・礼装の留袖や喪服、男性用の礼装用に用います。背中の中心、両袖の後ろ、両方の胸に付けます。
・三つ紋・・五つ紋より格は下がります。略礼装時の、色留袖や訪問着などに用います。男性の場合、無地の羽織に縫い紋で付け、背中の中心、両袖の後ろに付けます。
・一つ紋・・背中の中心に付け、主に女性用の色無地、黒絵羽に用い、略礼装となります。
〇家紋の手法〇
・染め抜き紋・・布地に白く紋を染めた紋のこと
・書き紋・・筆で書いた紋のこと
・縫い紋・・糸で縫い表された紋のこと
・貼り紋・・布地に染めてある紋を糊で貼り付ける紋のこと
・のぞき紋・・紋の輪郭の一部に紋の一部をのぞかせた紋のこと
・すりこみ紋・・刺繍や染で彩色した紋のこと
・比翼紋・・自分の紋と相手の紋を組み合わせた紋のこと
・石持・・紋を入れる部分を白く丸く染めているもの
■陽紋・・白く染抜く方法のもの
■陰紋・・模様の輪郭を白く線で描いたもの
■葉陰紋・・花を白く染抜き、葉を白の線で表現したもの