各部の呼び方

「身丈」とは?身長と違うの?

いつもリサイクル着物錦屋をご利用頂き、ありがとうございます。

着物を選ぶときの基本は、「身丈」を参考にしてください。
リサイクル着物錦屋の着物商品ページにも基本的に身丈を記載しております。

「身長158cmですが、この着物着れますか?」

と、いうようなお問い合わせもよくあります。

「身丈」=「身長」とお考えください。

リサイクル着物錦屋では、身長に対し±5センチ程度の着物でしたら許容範囲としておすすめしております。
つまり、さきほどの身長158cmの方の場合、身丈の表記サイズが【153~163cm】の範囲であれば、ご着用可能というわけです。

実際、身に纏う部分は首から下ですが、その余った分が「おはしょり」となるのです。

これはあくまでも、女性用着物の場合です。
男性着物は、このとおりではありませんのでご注意ください。

身丈【153~163cm】の着物をご紹介!

お買い得品


小紋 総絞り 正絹 良品 緑・うぐいす色地に幾何学柄・抽象柄
税込65,780円

→税込23,512

お買い得品


織柄紬 飛び柄 後染 正絹 ベージュ地に幾何学柄・抽象柄
税込10,780円

→税込4,250

お買い得品


小紋 紋綸子 正絹 白色地に木の葉・植物柄
税込12,980円

→税込2,971

お買い得品


訪問着 正絹 青・紺地に風景柄
税込41,580円

→税込13,731

各部の呼び方 【中野区、渋谷区なら即日発送可能】

羽織と着物と人.gif

身丈は、身ごろの長さのことです。
後ろの衿の付け根から裾までの長さを言います。
「仕立てられた着物の丈」のことで着丈と間違いやすいので注意してください。
 
八掛(はっかけ)とは女物の着物の裾や袖口の裏地のことで、裾回しともいいます。
表の着物地と調和した色や質感の生地を選ぶことが大事。
初心者は着物と同系色にしておくと無難です。
 
裄(ゆき)とは、背中の中心線から袖の端までの長さの幅を言います。
ご自分の裄を測る時は腕を45度くらいに広げて、背中の中心線から肩を通り手首までの長さを測ります。体のラインどおりに曲げて測ることがポイントです。
 
【リサイクル着物錦屋でのお買い物はこちら】
http://www.nishikiya-kimono.com/