中古のフォーマル着物を上手に買う方法

普段から着物に慣れ親しんでいない人が着物を着る場面といえば、結婚式・披露宴やパーティ、成人式、七五三、入学式・卒業式などフォーマルな場面がほとんどだと思います。
フォーマル用の着物といえば訪問着、黒留袖、色留袖、付下げ、振袖などがありますが、どれも呉服店などで購入するとかなり高価なお着物です。
たまにしか着ないフォーマル着物ですから、新品で購入するよりも、リサイクルショップなどの中古着物から探すのがオススメ!
中古のフォーマル着物をおすすめする理由は、そもそも着る回数が少ないアイテムなので、状態が良いまま残っている場合も多く、とってもお買い得に購入することができるからです。
表地も裏地も汚れのない美品もありますが、おすすめは裏地が少し汚れていても上前や袖などの目立つ部分に汚れがない着物です。見えない部分に汚れがあるだけなのに、非常に安価になっている場合も多く、リーズナブルにフォーマル着物を買うことができるかもしれません。
リサイクル着物錦屋では商品の状態をランク付けしており、状態ごとにアイテムを検索することができます。また、着物だけでなく、訪問着や振袖、黒留袖に合わせられる袋帯も、美品・良品も数多くございます。
着物と帯のコーディネートが分からない場合も、お気軽にリサイクル着物錦屋にお問い合わせくださいませ。

秋のおでかけにおすすめ蜜柑色小紋コーデ

鮮やかなオレンジ色に、愛らしい菊が描かれた金彩小紋です。優しいグリーン地に小紋と同系色で織り出された帯を合わせました。普段使いにおすすめのコーディネートです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

錦屋さん(@nishikiyakimono)がシェアした投稿

◆使用した商品はこちらです




帯の種類について~袋帯・名古屋帯~【姫路市なら、即日発送可能】

袋帯、名古屋帯について


■帯の格

着物に合わせる帯は格の順番があり、上から丸帯、袋帯、名古屋帯(九寸名古屋)、袋名古屋帯(八寸名古屋)、半幅帯、小幅袋帯などがあります。これらの帯の中から、着物の格に合わせて帯を選んでいきます。最も格の高い帯は丸帯で、礼装の着物に締めます。これは、帯全体に紋様が織り出された全通しのものをいい、それを二つ折りにして芯を入れて縫い合わせたものが丸帯と呼ばれます。非常に豪華なのですが、帯地が厚く重たいので締めにくいという欠点があり、花嫁衣裳や舞妓のだらりの帯などで使われることがほとんどです。

 

■袋帯

礼装では丸帯の代わりに袋帯が主流となっています。錦、唐織、綴れ、箔などの高級なものは礼装に向き、色無地紋付や訪問着などに合わせて全体の格を上げた装いをすることもあります。夏物の着物に合わせた絽や紗の袋帯というものもあります。袋帯は長さ約4m20cm、幅約30cmで、二重太鼓や代わり結びをします。着付けるときには、胴回りと手先の部分を半分に折って締めます。袋帯の中でも、丸帯のように手先からたれ先まで通し柄になっているものもあり、これは振袖などに合わせて、代わり結びが色々とできます。そして主に、二重太鼓用として出回っているのが六通柄と言われる袋帯です。帯を締める時、前帯の一枚目の見えない部分には柄を省略してある帯のことを言います。
ただし、同じ袋帯と言っても箔だけや紹巴などの軽いものはしゃれ袋と呼ばれ、礼装用の帯とは異なります。これらは、紬や小紋、あまり華やかではない訪問着に合わせ、お稽古や月釜、大寄せ茶会などにお呼ばれとして行くのにぴったりです。

 

■名古屋帯

袋帯の次に格の高い名古屋帯は、準礼装から普段着まで幅広く使う場面があります。名古屋帯の中にも、社交着用と普段着用があり、準礼装から社交着まで使えるものを九寸名古屋と言います。これは、長さ約3m60cm、お太鼓の幅が約30cm、胴回りと手先の部分が幅約15cmに仕立ててあり、中には芯が入っており。一重太鼓結びにします。袋帯に比べ帯が締めやすく、柄によって装う格が異なります。
金銀地のものや名物裂写し、綴れなどは訪問着、紋付の付下げや江戸小紋などの準礼装に合います。そして、塩瀬や縮緬、そして塩瀬や縮緬、紬の白地に手描きや型染、絞りなどを施した染め帯や刺繍の帯は色無地紋付や小紋に合わせると優しい雰囲気の装いになります。気軽なお茶会やお稽古に着て行きましょう。
次に社交着から普段着の着物に合わせる袋名古屋帯(八寸名古屋)があります。これは、帯芯を入れずに仕立てたもので、腰回りの幅は九寸名古屋と同じで、お太鼓のの部分も確かに約30cmとなっております。芯が入っていないので、より手軽に締めることができます。八寸なごや帯は紬などの織りの帯が多く、これらの帯は染めの着物には合いづらいので、同じ紬などに合わせて着用するのがよいでしょう。また、夏帯については、炉や紗、羅などが八寸名古屋に仕立ててあるものもありますが、これらはたいていの夏の着物に合わせることができます。羅の帯を浴衣に合わせるとゆかた茶会などにふさわしくなります。

帯の産地 【名古屋市なら、即日発送可能】

■西陣
着物を着る人で、「帯の西陣」を知らない人はいないでしょう。それほどに帯の産地として有名な西陣。この西陣という名称、地名は応仁の乱が起こったとき、山名軍が細川軍に対して堀川より西に布陣して「西の陣」と称したことからついたものと言われています。
西陣で生産される帯は現在、全国で使われている帯の六割、金額的には八割以上を占めているとも言われています。これだけ大きなウェイトを持った西陣帯ですが、この西陣帯の特徴をあげますと、いろいろな商品種が、高級なものから大衆品まで多くあり、いわゆる多品種少量生産方式といわれていること、また、専門的な分業体制の中で織られていることなどがあげられます。
 
■桐生
桐生はもともと先染織物の産地として有名な産地で、関東地方の中でも歴史も古く、いろいろな織物が作られています。中でも従来、正絹お召の生産では西陣お召と並び称されるほどでしたが、染呉服ブームの中で、先染織物が不調のため帯地産地へと移行していったのです。帯地の場合、比較的安定した市場が形成されており、また大衆的な帯の需要の増加などがあったためです。生産されている帯の種類は、袋名古屋帯、小袋帯、黒共帯、七五三帯、単帯、軽装帯地、角帯などです。
桐生の場合は大衆向けということで正絹ものの他に交織ものや化繊のものも多くあり、おしゃれや普段着的な指向に向いています。
 
■博多
博多織そのものの歴史は古く、十三世紀にさかのぼるとも言われています。博多帯はのちに、豊臣秀吉のころから織り出されたものでもともとは男帯ばかり織られていたようですが、明治の中頃から女帯を織られるようになり、だんだん女帯が主力になっていったものです。
博多帯は男物の角帯や、女物の単帯紋八寸といわれている名古屋帯が主力でしたが、最近は袋帯のブームに合わせて博多でも新しい感じの袋帯が生産されるようになってきました。博多帯の特徴は、帯を結ぶときになる絹ずれ(絹鳴り)と博多献上にみられる伝統ある独鈷縞などの模様にあります。

織り方と帯地について 【名古屋市なら、即日発送可能】

■錦織
錦織は、一般的な糸錦の他にも、綾錦、唐錦、佐賀錦、金襴、銀欄など、多くの種類があります。二色以上の色糸を使用し、模様を織り出します。糸錦は、唐織とは反対に、綾錦地に柄が織り込まれてあり、地が平らで薄手です。佐賀錦は、江戸時代に佐賀藩の婦人たちにより、織られた手芸的な織りといわれています。
■唐織
もとは、中国から伝わってきた織りのことです。糸が斜めに交わり模様を織り出している綾織ともいわれ、能衣裳の織り方にも使用されていたものが帯に取り入れられたそうです。日本刺繍のように盛りあがり、大変豪華な厚地の帯地です。
■緞子
繻子組織の織り物で表裏なく、織り上げられているものをいいます。柔らかい質感で、光沢があります。多彩な色の出方があるので、袋帯によく用いられます。金糸・銀糸を使用したものを「朱珍」といいます。
■博多織
博多帯に用いられた織り方で、織りが硬いので、帯を締めた際に、絹鳴りがするのが特徴です。タテ糸は細く数を多くし、ヨコ糸には太い糸を打ち込んでいく織り方をし、横に畝がでます。博多織模様には、独鈷柄・独鈷縞といわれる、幾何学模様が主にみられます。独鈷柄が五本のものは、五献上または、献上帯といわれています。※畝・・横または縦に高くなったり低くなっているもの。
■綴れ織り
タテ糸、ヨコ糸ともに太い撚り糸を使用し、平織りにしていく織り方です。ヨコ糸を織り込む時に、くしのようになった爪で、かくようにして糸を詰めていきます。このような手織りで織り上げていくものを本爪綴れといい、力織機で織るものを、機械綴れといいます。
■斜子織
タテ糸ヨコ糸ともにに二本以上の糸をそろえて、平織りに織っていくものをいいます。生地は薄手で手触りが非常に良いです。
■しじら織
別名、ちぢみ織ともいわれ、タテの糸に長いものと短いものを使い分けながら織り、織上がった後に湯通しをすると、タテ糸が縮み独特の風合いを出すことができます。肌触りがよく、夏帯などに適しています。
■塩瀬羽二重
横畝のある、厚地の羽二重のことをいいます。主に染色生地として使用されます。生糸の密度を高くし、平織りして織り上げていきます。
 

織りの三原組織 【名古屋市なら、即日発送可能】

全ての織り物はタテ糸とヨコ糸が直角に交差して組み合わされています。この組み合わせ方には原則として三つの方法があります。
 
■平織(ひらおり)
織り組織の基本型でもあり、タテ糸とヨコ糸が一本おきに交互に組み合わせられたものです。このため、平織りは裏表の違いがなく、丈夫で摩擦に強いという特性を持っています。
 
■綾織(あやおり)
タテ糸、ヨコ糸とも三本以上の糸の組み合わせにより織られるもので、表面にななめ紋があらわれるため斜文織(しゃもんおり)とも言います。
 
■朱子織(しゅすおり)
タテ糸、ヨコ糸とも五本以上の糸の組み合わせにより織られるもので、表面がタテ糸だけでできているように見える組織をタテ朱子(表朱子)、ヨコ糸だけでできているように見える組織をヨコ朱子(裏朱子)と言います。地風は厚く、やわらかで光沢があり、シワになりにくい特性を持っています。

帯の種類について2 【名古屋市なら、即日発送可能】

●単帯(ひとえおび)
単重に織った帯のことをいいますが、近年、夏帯のことをこのように単帯と呼ぶようになっています。裏や芯を用いず織り物だけで締められるものなので、仕立ての必要がありません。博多や桐生の帯が有名ですが、絽や紗なども芯を入れて使用します。総柄で幾何学模様も多く、献上柄や縞柄などが多く見かけられます。
※献上柄・・江戸時代幕府に献上物としたことが由来としている。博多織の帯地のことをいい、独鈷形の模様を織り出したもの。
●黒共帯
葬式などの、喪服を着用する際に使用する黒地の帯のことをいいます。袋帯もしくは、名古屋帯の形状のもので、生地は紋繻子を用い、菊や蓮の花、雲取り模様が織り出されています。
●軽装帯(作り帯)
女性用の帯の太鼓部分と胴に巻く部分が別々に仕立てられたものをいいます。手軽に扱えるので、練習中の人や帯の結べない人でも簡単に使用できます。
●角帯
男性用の帯です。羽織袴から普段使いまで幅広く用いられます。男性の正式な帯ですので、男帯ともいわれます。柄は、一本独鈷、三本独鈷、縞、無地のものなど、さまざまです。博多織は非常によく見られます。この博多織の独鈷模様を、献上と呼びます。
●兵児帯
角帯と比較すると、兵児帯はくだけた時に使用する帯です。生地は羽二重やちりめんなど、柔らかい絹布が用いられますが、近年化繊のものも多くみられます。また、男性に限らず、女性が浴衣と合わせて使用する女性用の兵児帯もあります。
●子供帯
七五三などの際に祝帯として用いられる三尺帯が一般的です。その他、浴衣を着用する時は兵児帯を使用することが多いです。
●刺子帯
一面に細かい刺繍が施されたものをいいます。
●踊り帯
日本舞踊をするときに用いられる帯のことをいいます。金襴・銀欄を使い、派手な色づかいのものが多くみられます。
※帯芯について
女性用の帯の生地と生地の間に入れ、帯地をしっかり張りをもたせるために用います。三河木綿の厚地のものを使用すること多いですが、薄手の高級な絹芯も見かけられます。

帯の種類について1 【大阪市なら、即日発送可能】

●丸帯
最も格式のある帯です。広幅に織ったものを半分の幅に折り、縫い合わせたものをいいます。花嫁衣裳、振袖、留袖などの礼装に用いられます。金銀箔を使用したものが多く、金襴・緞子・錦織など豪華なものが主流です。塩瀬や縮緬に染めや刺繍をしたものもあります。
●袋帯
丸帯に代わり、需要があるのが袋帯です。丸帯が簡略化して織られています。袋状には織らず、二枚に織り上げたものを縫い合わせています。柄の部分により、全通柄・六通柄・太鼓柄があります。生地は錦地・緞子などが多く使用され、丸帯同様、振袖、留袖、訪問着など、礼装用として用いられます。付下や色無地などでも、使用されます。
※全通柄・・全長にすべて柄が入っている。
※六通柄・・六尺ほど柄が入っている。
※太鼓柄・・太鼓部分と前にくる部分、二カ所に柄が入っている。
●名古屋帯
趣味的な帯として幅広く使用され、九寸名古屋帯ともいわれています。お太鼓部分は、並幅で仕立て、胴に巻く部分から手先部分は半幅に仕立てられています。模様のある部分により、太鼓柄・六通柄などに分けられます。織り名古屋帯は、小紋や付け下げに合わせて使用し、染め名古屋帯の方は、お召や紬など織りの着物に合わせて使用します。
●袋名古屋帯
八寸名古屋帯ともいわれます。名古屋帯は芯を入れて仕立てていますが、袋名古屋帯は、単仕立てです。はじめから八寸幅に織り上げられており、折り返し部分をかがるだけで使用できます。街着、お洒落着用として使用し、趣味性の高い帯です。生地は紬地・綴れ地・緞子地の織りのものや、塩瀬・ちりめんも用いた染のものがあります。
●半幅帯
通常の帯の半分の幅の帯のことをいいます。仕立てる際、はじめから半分に織られているものと、並幅に織ったものを半分に折って使用するものとがあります。また袋状に織った小袋帯もあります。紬地・木綿地・ウール地・博多織などがあります。
用途やシチュエーションに合わせて帯選びをしてください。

男性着物について 【江戸川区なら、即日発送可能】

男性着物の正式礼装は、紋付羽織袴です。結婚式の花婿の衣裳だけではなく、仲人など、正式な衣裳として、用いられます。他に葬式やフォーマルな場面でお使いいただけます。一式には、黒羽二重五つ紋付長着、黒羽二重三つ紋羽織、仙台平まち付袴、袴下帯(無地に近いもの)、白足袋、白鼻緒付き畳表草履、半衿(白または鼠色)付き長襦袢があります。略式礼装には、無地の御召もしくは、紬の着物に袴をつけます。紋は、羽織のみに縫い紋を一つ入れたものでよいとされています。
普段の外出着には、御召を用います。その際、外出先の場所や会う人との関係から、格式が問われる際には、袴をつけます。くだけた感じでも良いようならば、着ながしで、袴をつけなくても良いです。袴姿と着ながしを使い分けましょう。
袴の生産地には、仙台平で有名な仙台、他に米沢、西陣、などがあります。袴にはスカート形状の「行燈(あんどん)袴」と、まち付の「馬乗り袴」があります。
羽織紐などの小物も適したものを使用しましょう。角帯と兵児帯の使い分けについてですが、角帯は、正式な礼装の袴下から、普段まで幅広く使用されています。浴衣に合わせても使用できます。近年、マジックテープで着脱が簡単な簡易角帯もよく見かけます。兵児帯は、くだけたときに使用できる帯です。生地は縮緬地や羽二重のもののしなやかな絹布が使われています。化学繊維のものもあります。柄には、総絞りや無地など様々です。兵児帯の兵児は、薩摩の方言で、若者のことをいい、青年武士階級を総称するものです。
男性の正式な装いには、伝統の重みを感じます。

帯の種類、産地をご存じですか? 【江東区なら、即日発送可能】

帯は和装の中で独立して格を定めることができ、帯の格で着物も左右されます。では帯の種類についてです。
■丸帯・・・広幅の帯地を二つ折りにし、芯を入れて縫い合わせた帯をいい、裏表がなく豪華な文様が多いため、礼装用に主に用いられています。その為、帯の中では最も格式のある帯です。
■袋帯・・・袋状に織られている帯の表部分に柄があり、近年丸帯にかわって多く礼装用に用いられております。最近は袋状に折らず、織っている二枚を縫い合わされているものが多く、柄付けの部分により、全通柄、六通柄、太鼓柄と区別されています。
■名古屋帯・・・たれ部分は等幅で、手先部分は半幅に芯を入れて仕立てられたものです。外出用や街着用まで幅広く用いられています。九寸名古屋帯ともいわれております。模様の部分によって太鼓柄、六通柄、織りのものや染めのものなどがあります。
■袋名古屋帯・・・たれ部分を折り返してかがり、手先部分は結ぶ際に、半幅に折り、芯は入れずに仕立てます。主に外出用、街着用となります。八寸名古屋帯ともいわれ、単衣仕立てで、八寸の幅に織りあげられています。
■単帯・・・裏地を付けていない、一枚織りの帯をいいます。初夏から初秋までの、外出用や街着用に用いられます。近年、一般的には、夏帯のことを単帯というようになっているようです。
■半幅帯・・・一枚織りの半幅のもの、一幅を半分に折り、芯を入れて縫い合わせたもの、袋織りにしたものがあります。浴衣や街着、袴下にも多く用いられます。
その他に、腹合わせ帯、中幅帯、軽装帯、作り帯などがあります。素材は、絹、ウール、綿、麻、化学繊維、交繊などがよく見かけられます。
帯の三大産地は、京都の西陣織り。福岡の博多織り。群馬の桐生織りといわれています。みなさまのお使いの帯もどこで織られたものか気になったことはございませんか?