袋帯

訪問着に合わせたい中古帯

訪問着に合わせる帯は、袋帯が一般的です。
最近はあまり出回っていませんが、フォーマルな丸帯も合わせられます。

帯の中にも格があり、仕立て方や柄の入れ方によって格が変わります。

フォーマルな場面では、訪問着に合わせる帯は、金糸や銀糸を織り込んだ錦織、厚みのある唐織の帯などを選ぶのがいいでしょう。また、柄の華やかさも大切です。

セミフォーマルの場面には、縮緬や友禅に染められた帯も、柄によっては訪問着と合わせても問題ありません。

お茶会、同窓会、観劇などのカジュアルな席の訪問着には、名古屋帯を合わせることで、カジュアルよりにすることができます。
ただし、お茶会の場所によっては、カジュアルすぎる柄を選ぶのはやめておきましょう。
また、ろうけつ染などは普段用のものなので、フォーマルな席で訪問着と合わせないように気をつけてください。

中古の袋帯はこちらから

中古の名古屋帯はこちらから

中古のフォーマル着物を上手に買う方法

普段から着物に慣れ親しんでいない人が着物を着る場面といえば、結婚式・披露宴やパーティ、成人式、七五三、入学式・卒業式などフォーマルな場面がほとんどだと思います。
フォーマル用の着物といえば訪問着、黒留袖、色留袖、付下げ、振袖などがありますが、どれも呉服店などで購入するとかなり高価なお着物です。
たまにしか着ないフォーマル着物ですから、新品で購入するよりも、リサイクルショップなどの中古着物から探すのがオススメ!
中古のフォーマル着物をおすすめする理由は、そもそも着る回数が少ないアイテムなので、状態が良いまま残っている場合も多く、とってもお買い得に購入することができるからです。
表地も裏地も汚れのない美品もありますが、おすすめは裏地が少し汚れていても上前や袖などの目立つ部分に汚れがない着物です。見えない部分に汚れがあるだけなのに、非常に安価になっている場合も多く、リーズナブルにフォーマル着物を買うことができるかもしれません。
リサイクル着物錦屋では商品の状態をランク付けしており、状態ごとにアイテムを検索することができます。また、着物だけでなく、訪問着や振袖、黒留袖に合わせられる袋帯も、美品・良品も数多くございます。
着物と帯のコーディネートが分からない場合も、お気軽にリサイクル着物錦屋にお問い合わせくださいませ。

帯の種類について~袋帯・名古屋帯~【姫路市なら、即日発送可能】

袋帯、名古屋帯について


■帯の格

着物に合わせる帯は格の順番があり、上から丸帯、袋帯、名古屋帯(九寸名古屋)、袋名古屋帯(八寸名古屋)、半幅帯、小幅袋帯などがあります。これらの帯の中から、着物の格に合わせて帯を選んでいきます。最も格の高い帯は丸帯で、礼装の着物に締めます。これは、帯全体に紋様が織り出された全通しのものをいい、それを二つ折りにして芯を入れて縫い合わせたものが丸帯と呼ばれます。非常に豪華なのですが、帯地が厚く重たいので締めにくいという欠点があり、花嫁衣裳や舞妓のだらりの帯などで使われることがほとんどです。

 

■袋帯

礼装では丸帯の代わりに袋帯が主流となっています。錦、唐織、綴れ、箔などの高級なものは礼装に向き、色無地紋付や訪問着などに合わせて全体の格を上げた装いをすることもあります。夏物の着物に合わせた絽や紗の袋帯というものもあります。袋帯は長さ約4m20cm、幅約30cmで、二重太鼓や代わり結びをします。着付けるときには、胴回りと手先の部分を半分に折って締めます。袋帯の中でも、丸帯のように手先からたれ先まで通し柄になっているものもあり、これは振袖などに合わせて、代わり結びが色々とできます。そして主に、二重太鼓用として出回っているのが六通柄と言われる袋帯です。帯を締める時、前帯の一枚目の見えない部分には柄を省略してある帯のことを言います。
ただし、同じ袋帯と言っても箔だけや紹巴などの軽いものはしゃれ袋と呼ばれ、礼装用の帯とは異なります。これらは、紬や小紋、あまり華やかではない訪問着に合わせ、お稽古や月釜、大寄せ茶会などにお呼ばれとして行くのにぴったりです。

 

■名古屋帯

袋帯の次に格の高い名古屋帯は、準礼装から普段着まで幅広く使う場面があります。名古屋帯の中にも、社交着用と普段着用があり、準礼装から社交着まで使えるものを九寸名古屋と言います。これは、長さ約3m60cm、お太鼓の幅が約30cm、胴回りと手先の部分が幅約15cmに仕立ててあり、中には芯が入っており。一重太鼓結びにします。袋帯に比べ帯が締めやすく、柄によって装う格が異なります。
金銀地のものや名物裂写し、綴れなどは訪問着、紋付の付下げや江戸小紋などの準礼装に合います。そして、塩瀬や縮緬、そして塩瀬や縮緬、紬の白地に手描きや型染、絞りなどを施した染め帯や刺繍の帯は色無地紋付や小紋に合わせると優しい雰囲気の装いになります。気軽なお茶会やお稽古に着て行きましょう。
次に社交着から普段着の着物に合わせる袋名古屋帯(八寸名古屋)があります。これは、帯芯を入れずに仕立てたもので、腰回りの幅は九寸名古屋と同じで、お太鼓のの部分も確かに約30cmとなっております。芯が入っていないので、より手軽に締めることができます。八寸なごや帯は紬などの織りの帯が多く、これらの帯は染めの着物には合いづらいので、同じ紬などに合わせて着用するのがよいでしょう。また、夏帯については、炉や紗、羅などが八寸名古屋に仕立ててあるものもありますが、これらはたいていの夏の着物に合わせることができます。羅の帯を浴衣に合わせるとゆかた茶会などにふさわしくなります。

帯の結び方~後見結び~ 【相模原市なら、即日発送可能】

■後見結び/袋帯
舞踊家が舞台の後見人を努めるときに結ぶところから名づけられました。年齢を問わない、すっきりと優美な帯結びです。
1.手先を脇線に決め、胴に2回巻き、たれを上にひと結びし、てを前にあずけます。
2.結び目からたれ先に向かって手巾ひとつの位置に片ひだを折り、後見枕をあてて、ガーゼ、帯揚げをかけます。
3.たれ先を25cm折り返し、あずけたての方向に斜めに折り上げ、お太鼓の山から5cm出します。
4.羽根を脇線に添ってまっすぐ折り入れ、仮紐で押さえます。
5.てを半巾にして、反対のお太鼓の山から5cm出して、余分な脇線に折り入れて形づけます。
6.てに添ってお太鼓を斜めに折り入れて、たれは左端で人差し指の長さにし、右端で角目を合わせて斜めに形づけ、帯締めをします。
7.帯揚げ、帯締めを整えて出来上がりです。

帯の結び方~蝶々結び~ 【相模原市なら、即日発送可能】

■蝶々結び/袋帯
蝶々が舞うような愛らしい帯結びです。背を高く見せますので、小柄な方によく似あいます。四枚の羽根のバリエーションを楽しみましょう。
1.ての寸法をウエスト線に決め、胴に2回巻きます。ふた巻き目に後帯板を入れ、てを上にひと結びします。結び目の下にタオルを入れます。
2.てを下に下ろし、結び目からたれ先に向かって羽根の寸法を肩巾いっぱいに計ります。残りのたれを、たれ先まで3等分に折り、肩にあずけて隠し紐で押さえます。
3.羽根の布目を通し、真横に形づけます。
4.下にあるてを上に上げ、羽根の寸法をやや短めに計り、2枚重ねます。上の羽根と下の羽根の中心に3つ山ひだを別々に作り、少しずらして、隠し紐で押さえます。
5.枕は羽根を持ち上げるようにして高めにあてます。ガーゼ、帯揚げをかけます。
6.肩にあずけたたれを下ろし、帯山から手巾1つの位置に帯締めをあて、たれ先を折り上げて、前で結びます。
7.4枚の羽根を形づけ、帯揚げ、帯締めを整えて出来上がりです。

帯の結び方~扇太鼓~ 【熊本市なら、即日発送可能】

■扇太鼓/袋帯
「開き角出し」「変わり角出し」とも呼ばれる華やかな結び方で、社交的な場所にふさわしい幅広い帯結びです。
1.手先を前中心に決め、胴に2回巻き、たれを上にひと結びします。
2.手先から手巾1つの位置に扇ひだを作り、ゴムで止めて前にあずけます。
3.たれ先から手巾1つの位置に扇ひだを作り、ゴムで止めます。
4.たれを肩にあずけて、手先の扇ひだを上に、たれ先の扇ひだを下に交差し、帯上線に添わせて、仮紐で押さえます。
5.たれを二重に整え、お太鼓の山を決め、薄い枕をあてて背にぴったりつけます。ガーゼ、帯揚げをかけて、仮紐をはずします。
6.帯締めでお太鼓の大きさをやや小さめに決め、たれを人差し指の長さに形づけ、前で結びます。
7.扇ひだをお太鼓の左右から3cm程度出して形づけ、帯揚げ、帯締めを整えて出来上がりです。

帯の結び方~末広太鼓~ 【熊本市なら、即日発送可能】

■末広太鼓/袋帯
お太鼓の山から末広をおぞかせたシックな帯結びです。おめでたい席にふさわしい、ミセス向きの結び方です。
1.手先を前中心に決め、胴に2回巻きます。たれを上にひと結びし、てを前にあずけます。
2.たれ先から手巾1つの位置に扇ひだを作り、ゴムで止めます。
3.扇ひだを紋の位置の高さに、左斜めに背にあてて、仮紐で押さえます。
4.たれを二重に整え、お太鼓の山を決め、枕をあてて、背にぴったりつけます。ガーゼ、帯揚げをかけ、仮紐をはずします。
5.仮紐でお太鼓の大きさを帯下線に決め、たれを人差し指の長さに形づけ、前で結びます。
6.前にあずけたてを仮紐の位置に返します。
7.返したての上に帯締めを通して前で結び、仮紐をはずします。
8.扇ひだを形づけ、帯揚げ、帯締めを整えて出来上がりです。

帯の結び方~文結び~ 【熊本市なら、即日発送可能】

■文結び/袋帯
「のし結び」「縁結び」とも呼ばれ、”文”をそのまま立て矢に結んだ、シンプルで落ち着いた雰囲気の帯結びです。
1.ての寸法をウエスト線に決め、胴に2回巻きます。ふた巻き目に後帯板を入れ、てを上にひと結びします。結び目の下にタオルを入れます。
2.てを左斜め下に下ろし、結び目からたれ先に向かって肩巾いっぱいに立て矢の寸法を測ります。残りのたれは半巾に折り、輪を左にして肩にあずけ、仮紐で押さえます。
3.立て矢の布目を通して、左肩へ斜めに形づけます。
4.立て矢の中心に箱ひだを作り、末広がりになるように中心でタックを取り、隠し紐でS字掛けします。
5.隠し紐の上に枕を右上がりにあてて、ガーゼ、帯揚げをかけ、仮紐をはずします。
6.肩にあずけたたれを立て矢に添って斜めに下ろし、左の立て矢の方向に内側に折り上げます。下にあるてを折り上げて輪に通します。文結びの名は、この結び方から来てます。
7.体型によって文に長短のある場合は、端を裏側に折り込んで左右のバランスをとります。帯締めを文の中に通して前で結びます。
8.立て矢を形づけ、帯揚げ、帯締めを整えて出来上がりです。