半幅帯

帯の結び方~貝の口~ 【浜松市なら、即日発送可能】

■貝の口/半幅帯
幅広く結べる普段着用の帯結びです。型がすっきりとなるように、寸法を守りましょう。
1.手先の寸法を帯巾の3倍に決め、手先を半巾に折り、胴に2回巻きます。
2.2回巻き、たれの長さを手先より5cm長く決め、余分なたれは内側に折り入れます。
3.二重になったたれを上にして、ひと結びします。結び目にシワを作らないよう注意しましょう。
4.手先を斜めに折り上げて輪にします。
5.たれを下ろして輪に通し、斜めに折り上げます。たれのつのは3cm、てのつのは5cm程度です。
6.右手方向から後ろに回して出来上がりです。

帯の結び方~蝶結び~ 【浜松市なら、即日発送可能】

■蝶結び/半幅帯
お嬢さま向きの可愛い帯結びです。軽やかに、手軽に結びましょう。
1.手先の寸法を40cmに決め、手先を半巾に折り、胴に2回巻いて、手先を上にして、ひと結びします。
2.たれ先で羽根の寸法を肩幅いっぱいに計り、中だたみにします。羽根の中心に山ひだを作ります。
3.手先を下ろします。
4.羽根と結び目をしっかりと2回巻きます。
5.余分な手先は帯下線からしっかりと引き、折り上げて帯の中に隠し入れます。
6.羽根を形づけて、右手方向から後ろに回して出来上がりです。
 

帯の種類について1 【大阪市なら、即日発送可能】

●丸帯
最も格式のある帯です。広幅に織ったものを半分の幅に折り、縫い合わせたものをいいます。花嫁衣裳、振袖、留袖などの礼装に用いられます。金銀箔を使用したものが多く、金襴・緞子・錦織など豪華なものが主流です。塩瀬や縮緬に染めや刺繍をしたものもあります。
●袋帯
丸帯に代わり、需要があるのが袋帯です。丸帯が簡略化して織られています。袋状には織らず、二枚に織り上げたものを縫い合わせています。柄の部分により、全通柄・六通柄・太鼓柄があります。生地は錦地・緞子などが多く使用され、丸帯同様、振袖、留袖、訪問着など、礼装用として用いられます。付下や色無地などでも、使用されます。
※全通柄・・全長にすべて柄が入っている。
※六通柄・・六尺ほど柄が入っている。
※太鼓柄・・太鼓部分と前にくる部分、二カ所に柄が入っている。
●名古屋帯
趣味的な帯として幅広く使用され、九寸名古屋帯ともいわれています。お太鼓部分は、並幅で仕立て、胴に巻く部分から手先部分は半幅に仕立てられています。模様のある部分により、太鼓柄・六通柄などに分けられます。織り名古屋帯は、小紋や付け下げに合わせて使用し、染め名古屋帯の方は、お召や紬など織りの着物に合わせて使用します。
●袋名古屋帯
八寸名古屋帯ともいわれます。名古屋帯は芯を入れて仕立てていますが、袋名古屋帯は、単仕立てです。はじめから八寸幅に織り上げられており、折り返し部分をかがるだけで使用できます。街着、お洒落着用として使用し、趣味性の高い帯です。生地は紬地・綴れ地・緞子地の織りのものや、塩瀬・ちりめんも用いた染のものがあります。
●半幅帯
通常の帯の半分の幅の帯のことをいいます。仕立てる際、はじめから半分に織られているものと、並幅に織ったものを半分に折って使用するものとがあります。また袋状に織った小袋帯もあります。紬地・木綿地・ウール地・博多織などがあります。
用途やシチュエーションに合わせて帯選びをしてください。

帯の種類、産地をご存じですか? 【江東区なら、即日発送可能】

帯は和装の中で独立して格を定めることができ、帯の格で着物も左右されます。では帯の種類についてです。
■丸帯・・・広幅の帯地を二つ折りにし、芯を入れて縫い合わせた帯をいい、裏表がなく豪華な文様が多いため、礼装用に主に用いられています。その為、帯の中では最も格式のある帯です。
■袋帯・・・袋状に織られている帯の表部分に柄があり、近年丸帯にかわって多く礼装用に用いられております。最近は袋状に折らず、織っている二枚を縫い合わされているものが多く、柄付けの部分により、全通柄、六通柄、太鼓柄と区別されています。
■名古屋帯・・・たれ部分は等幅で、手先部分は半幅に芯を入れて仕立てられたものです。外出用や街着用まで幅広く用いられています。九寸名古屋帯ともいわれております。模様の部分によって太鼓柄、六通柄、織りのものや染めのものなどがあります。
■袋名古屋帯・・・たれ部分を折り返してかがり、手先部分は結ぶ際に、半幅に折り、芯は入れずに仕立てます。主に外出用、街着用となります。八寸名古屋帯ともいわれ、単衣仕立てで、八寸の幅に織りあげられています。
■単帯・・・裏地を付けていない、一枚織りの帯をいいます。初夏から初秋までの、外出用や街着用に用いられます。近年、一般的には、夏帯のことを単帯というようになっているようです。
■半幅帯・・・一枚織りの半幅のもの、一幅を半分に折り、芯を入れて縫い合わせたもの、袋織りにしたものがあります。浴衣や街着、袴下にも多く用いられます。
その他に、腹合わせ帯、中幅帯、軽装帯、作り帯などがあります。素材は、絹、ウール、綿、麻、化学繊維、交繊などがよく見かけられます。
帯の三大産地は、京都の西陣織り。福岡の博多織り。群馬の桐生織りといわれています。みなさまのお使いの帯もどこで織られたものか気になったことはございませんか?