用語集

着物用語集『う』 【川崎市なら、即日発送可能】

『う』
■浮織り(うきおり)・・・タテ糸を生地の上に浮かせたままにした織物のこと。うけ織とも言われます。
■後幅(うしろはば)・・・後身頃の幅のことをいいます。一般的に裾をはかります。
■後身頃(うしろみごろ)・・・身頃の肩よりも後ろ側の部分のことをいいます。
■うずらちりめん・・・強撚糸を4本または6本ずつ交互に織り込んだもの。シボの高い縮緬で、主に帯地として使われます。
■打掛(うちかけ)・・・婚礼式服の盛装用として長着の上に羽織る裾の長い着物。衿先をかいとって着ることから、「おかいとり」とも言います。丈は長着よりも長く、身幅も広く仕立て上げます。
■打込(うちこみ)・・・タテ糸とヨコ糸、どちらかの糸の密度を変化させる色の仕様度合いのことをいいます。打込の大きいものほど丈夫な生地となります。
■畝(うね)・・・縦、または横に高く低くなっているもの。
■産衣(うぶぎ)・・・生まれた子どもに初めて着せる着物のことです。子どもの害にならないように綿織物を使用します。一般的に65cm~75cmくらいの半幅の広袖に仕立て、紐は一本で後ろにとじつけて、前で結ぶようにします。
■馬乗り袴(うまのりばかま)・・・馬に乗るときにはく袴のこと。マチが高く裾を広げられるように仕立てられています。
■裏衿(うらえり)・・・着物の衿幅が足りない時、または衿をしっかりさせるために裏面につける別布のこと。
■裏絹(うらぎぬ)・・・平絹ともいいます。ごく薄く織られた平織の織物で、主に着物の胴裏や裏地用に用いられます。
■ウール着物・・・常着の主流となったウール着物は、単仕立、ミシン縫い、ドライクリーニングで丸洗いができるなど、現代生活において着用しやすいのが特徴です。
■鱗(うろこ)・・・三角形を連続して配置した模様。江戸小紋に用いられます。
■上絵(うわえ)・・・紋付の染め物の紋を描くことをいいます。広い意味では模様などの最後の仕上げのことをいいます。
■上前(うわまえ)・・・左身頃のこと。着物を着た時に上になる方の身頃。

着物用語集『い』 【川崎市なら、即日発送可能】

『い』
■井桁絣(いげたかすり)・・・木で井の字に組んだ井戸の縁や井の地形に組んだものを図案化したもので、絣模様の一つです。
■衣桁(いこう)・・・鳥居の形に似ている着物をかけておく木製の家具です。竹竿でできた簡単なものもあります。上等品になると蒔絵を施してある豪華な着物を装飾目的に用います。かけさお、衣架、衣紋掛などともいいます。
■石下紬(しいげつむぎ)・・・結城市の近くにある石下町付近で織られる平織組織。結城紬に似たタテ糸に生糸、ヨコ糸に手紬糸を使っているのが特徴です。
■石摺(いしずり)・・・布地の表面を石などで摺って、染め味を深くしたもののことです。
■板締め(いたじめ)・・・布を板で締め、模様を白く抜く染めの方法です。板以外の部分が染め上がります。
■市松模様(いちまつもよう)・・・いしだたみとも呼ばれる、異なる色の四角形を交互に並べた模様のこと。徳川吉宗の時代の役者・佐野川市松が身につけたことに由来するそうです。
■五つ紋(いつつもん)・・・家紋の配置方法の一つ。礼装の留袖、喪服や男性の礼装に用いる正式の付け方です。
■一方付(いっぽうづけ)・・・着物を仕立て上げた際に全ての柄が同じ向きになっているもののことです。
■糸目(いとめ)・・・もち米とヌカを原料にして作った糊を筒の中に入れて、柄の輪郭の上に糊を置いていく、このことを「糸目を置く」といいます。
■伊予絣(いよがすり)・・・四国・松山付近で織られる木綿の絣のこと。久留米絣が作り出された少しあとに考案され誕生しました。井絣、十字、米絣などの幾何学模様が美しいです。
■色揚げ(いろあげ)・・・色あせた布を染め直して美しくすること。普通、染め直す場合はいったん脱色して白生地の状態に戻してから染め直すのですが、色揚げはシミがついたり色があせた部分の上に同系色の濃いめの色を上がけします。色抜きの難しい着物に使われる技法です。
■色絵羽(いろえば)・・・色地の絵羽織で、模様が縫い目で合うように続いているものです。
■色衿(いろえり)・・・色がついた衿のこと。白衿が多かったですが、近年は色衿が着物のおしゃれポイントとして見直されてきています。
■色大島(いろおおしま)・・・化学染料により、色絣模様に染めたもの。地色、絣模様に自由に配色がされています。
■色留袖(いろとめそで)・・・黒ではない色も留袖のこと。黒留袖と同格の正式な礼装として着用することができます。色留袖は宮中関係や花柳界に用いられる風習がありましたが、近年では二枚目の留袖として愛用されているようです。
■色直し(いろなおし)・・・古くは、出産後百一日目に母子の衣服や室内の装飾をすべて、白から色のあるものに変えること。また、結婚後三日目に新夫婦の衣装や室内の装飾を白から色のあるものに変えることを色直しといいました。近年では、結婚式が終了し、披露宴で花嫁が衣装を変えることをいいます。
■色泣き(いろなき)・・・柄の色が地色の部分ににじんだもののこと。染めの工程におけるミス。
■色抜き(いろぬき)・・・染替えをする場合に、薬剤などで白生地に戻すことをいいます。
■色無地(いろむじ)・・・黒以外の一色で染めた着物のこと。紋綸子のような生地に地紋のあるものを使用することが多いです。
■色無地羽織(いろむじばおり)・・・紋付の羽織の代わりに着るもので、柄物の着物に合わせやすいです。綸子、縮緬、御召、紬など着て行く場所に合わせた生地を選びましょう。
■色刷り(いろずり)・・・花鳥・雲竜などの模様を採色して摺った衣装。
■色模様(いろもよう)・・・黒以外の色裾模様のことです。
■祝い着(いわいぎ)・・・祝い事の際に着る着物のことで、現代ではお宮参り、七五三、十三参り、還暦などに用いられます。
■祝袋帯(いわいふくろおび)・・・めでたい柄をつけた袋帯のこと。

着物用語集『あ』 【川崎市なら、即日発送可能】

『あ』
■藍(あい)・・・たで科の一年草で秋には、紅色の小花が咲きます。葉が藍色の染料となります。
■藍大島(あいおおしま)・・・鹿児島地方で生産されていた藍色の大島のことをいいます。
■藍染め(あいぞめ)・・・植物染料の藍をくさらせ、発酵させて藍玉をつくり、熱を加えさらに発酵させるとで藍色に染めることができる原料となります。
■合着(あいぎ)・・・季節の変わり目に着用するものをいいます。
■青花(あおばな)・・・露草の花の花汁を絞って乾燥させて作ります。水に溶けやすいので、友禅の下絵描きの際に、使用されます。
■あげ・・・着物の身丈や裄が長いのを体型に合わせて肩や腰部分をつまむことをいいます。縫いあげて短く調節をします。
■曙染(あけぼのそめ)・・・ぼかし染の一種。裾を薄く、上部にかけてだんだん濃くぼかし染めにします。おぼろ染めともいいます。
■麻(あさ)・・・夏季に緑色または、淡黄色の花が咲き、皮から繊維をとり、かやなどを作ります。
■麻の葉(あさのは)・・・麻の葉模様のことをいい、葉の形を図案化したもの。小紋や浴衣など、幅広く用いられます。
■汗除け(あせよけ)・・・夏に汗が着物に付着しないように、晒木綿などでつくる肌着のことをいいます。
■後染め(あとぞめ)・・・先染めの反対の言葉で、染の着物のことをいいます。小紋・紅型・ローケツ染・留袖・訪問着・付下など後染めの着物です。先染めとは、糸を染めてから織り上げます。
■雨コート(あまこーと)・・・雨天時に着用するコートのことをいいます。防水加工をした繻子織のものが多くみられます。
■綾織(あやおり)・・・糸が斜めに交わり模様を織り出していること。
■洗い張り(あらいはり)・・・着物など和服の洗濯のことをいい、昔は各家庭でもしていたそうです。着物をほどき、洗濯し、板に張り付けて仕上げたり、伸子に貼って仕上げます。
■有松絞り(ありまつしぼり)・・・愛知県の有松地方で絞る木綿絞りのことをいいます。主に浴衣に使用されます。
■袷(あわせ)・・・裏地をつけて仕立てたもののことをいい、長襦袢や羽織にも同様に袷のものがあります。
■アンサンブル・・・同色同柄の着物と羽織の組み合わせのことをいいます。
■行燈袴(あんどんばかま)・・・マチのついていない、スカート状の袴のことをいいます。男物女物両方あります。