df3ac8226035f0380309812355a2731c_s


リサイクル着物とは、昭和の戦後からの時代の着物のことを指し、広い意味では、江戸時代から昭和初期までのアンティーク着物もリサイクル着物として扱われることもあります。
大正時代や昭和初期のレトロな柄は多くの方に好評で、最近ではリサイクル着物の人気が高まっています。ですが、リサイクル着物を購入した際、思っていたより小さいサイズだったということもよくあります。購入後に着物のサイズが合わず、着られなかったというトラブルを防ぐためにも、あらかじめご自身の寸法をよく確認する必要がございます。

着物のサイズをみるときには、身丈、裄丈、前幅、後幅を確認します。
まず、身丈の見方ですが、身長のプラスマイナス5cmの範囲であれば、問題なくおはしょりをとることができます。その差が5cmを超えると少し着付けが難しくなりますが、プラスマイナス10cmぐらいまでは着ることが可能です。それ以上になるとおはしょりがとれなかったり、長すぎて着付けが難しかったりします。身丈が身長より長い場合は、通常のおはしょりの上の部分にタックを作るように着付けます。短い場合は、十分におはしょりがとれませんので注意が必要です。

また、裄丈とは、首の付け根の中心から、一度肩を通り、手首のくるぶしまでの長さを言います。
測るときは、気をつけの状態から少し手をハの字にひらき、ペンギンのようなポーズで測ります。このとき、付け根からまっすぐ測るのではなく、一度肩を通って下さい。
この長さが着物の裄丈とほぼ合っているものが、サイズが合うものとなります。
リサイクル着物の場合、仕立て上がっている着物がほとんどとなります。裄が短い場合でも、いつも手を伸ばしているわけではありませんので、マイナス3cm~5cmほどであれば、問題なく着ることができると思います。

※女性の採寸の基準

標準的な身長 158cm 体重53kg ぐらいの体型の方の場合の採寸を数字で表したものです。
昔の採寸の基準である尺では、身丈は4尺1寸7分、裄丈は1尺7寸5分、袖丈は1尺3寸、前幅は6寸3分、後幅は8寸となります。
これを現在の採寸の基準であら指しますと、身丈は158cm、裄丈は66cm、袖丈は49cm、前幅は24.5cm、後幅は30cmの長さになります。

※男性の場合は、着るときにおはしょりを作らないので、着られる方の身長から27cm~30cmを引いた身丈の着物をお選びください。体型により着丈は少し変わってきますので、細身の方は気持ち短めのものを、ふくよかな方は気持ち長めのものをお選びいただくとよろしいかと思います。

また、その他の着物にの採寸基準には、以下の通りがあります。

※女性の色々な着物の丈の基準

・着物の身丈は、ご自身の身長ぐらいのもの
・長襦袢身丈は、身長から32cm前後を引いたもの
・羽織丈は、身長の約半分ぐらいのもの
・コート丈は、羽織丈より2寸から3寸長いもの
・褄下は、身丈の半分弱ぐらいのもの
・袖付けは身長により変わりますが、年令により5分程度の差があります。(若い方は帯を高く締めるため)

※男性のその他の採寸基準
・着物の着丈は、身長から約25~30cm程度を引いたもの
・羽織の着丈は、着物の身丈唐1尺3寸程度を引いたもの
・襦袢の丈は、着物の身丈から4cm程度を引いたもの
・袴の丈は、目安として着物の身丈に0.6をかけた長さとなります

気に入ったものがあった場合でも、サイズが合わない場合があることが十分にあります。ネットショップや店舗によっては、着物を自分のサイズに直してくれるお店もあります。
しかしリサイクル着物は、お仕立てをしてから長い年数が経過しているものもありますので、着物の生地が弱くなっていたり、保存状態によりヤケやシミ、お直しをしたあとにスジが残っていることもあります。その場合には、状態に応じてご自身に合う丈に直しができるかどうか、またシミ抜きや染め直し、スジ消しが可能か、またその際にかかる料金など、お気軽にご相談下さい。
set20-04

今人気のリサイクル着物、お値段も手ごろで簡単に購入することもできます。

ですが、昔の人は現代の人よりも小柄な型が多かったので、気に入った色や柄の着物があった場合でも、サイズが少し足りない場合があります。そこで、生地の状態(色があせてみえないかどうか、染め直しなど必要なのか?)やサイズ(この着物が自分に合うのか?またサイズが合わないが丈直しはしてもらえるのか?)などをお気軽にご相談して頂けましたらと思います。
どのような着物がよいかご検討いただいて、お気に入りの着物を見つけてくださいね。

 

【当店でのお買い物はこちら】

http://www.nishikiya-kimono.com/