着付けをする上で、最も重要かも‥‥と思いますのが、補正です!

着物を美しく着るには、バストやウエスト、ヒップなどの凹凸がないように

コットンやタオルなどを入れて、すとん…としたスタイルに補正すると良いみたいなのです。

着物は洋服のようにメリハリのあるスタイルいうのが必要ないんです。着物では寸胴の方が見栄えが良いのです。

くぼみ.jpg
↑イラストの部分に補正をするのですが、鎖骨(さこつ)下の辺りのクボミはコットンを入れて。

ウエストのクボミはタオルを巻いて補正します。

 

補正をキチンとすることで、着物姿の見栄えがかなり変わりますよ~!

そして、着崩れしにくくもなります。

補正が完璧にできた後は、長襦袢を着て着物を着ます。補正をしっかりしているかどうかは、とても大事なことなので意識してみてくださいね。