今日は『卒業式』や『入学式』の装いについてご案内します。

昔は卒業式や、入学式には殆どの母親が着物を着て来ていました。

最近はすっかりお着物の方が少なくなりましたが、それでも1クラスに数人はおられます。

 

さて、卒業式や入学式には何の着物を着れば良いのでしょうか?

一番のお勧めは「訪問着」です。訪問着 略礼装の社交着として一般的。

古典的なものから豪華な絵柄、モダンな抽象柄とさまざまな種類があります。

同じように着られるのが「付け下げ」です。 訪問着より染める工程を簡略にしたもの。

模様が少ないので華やかさに欠け、少々地味。訪問着より略式。

お出かけからパーティまで広範囲に着られます。卒業式・入学式には最適です。

色無地」も着ていただけます。一つ紋か三つ紋がついていると改まった席でも通用します。

最近では「小紋」を着られる方もおられます。

渋い色調の江戸小紋は、遠くから無地に見えるぐらい小さい柄なので、卒業式・入学式にも大丈夫だそうです。

 

 

また、着物に合う帯を選ぶことも大切です。一般的には、濃い色の着物には淡い色の帯を、カラフルな多色使いの着物には単色の帯を、柄の大きな着物であれば柄の小さい帯を、というように着物とは違うタイプの帯を選ぶと良いと言われています。

着物と帯の対比の関係でバランスのとれたコーディネートに仕上がりますよ。