素材について【まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物や帯、和装小物に用いられる素材には様々なものがあります。
それぞれの生地の特徴、長所、短所などの情報をまとめました!ご購入の際の参考になれば幸いです。
■緞子(どんす)について
緞子とは布面が柔らかく光沢が美しい、重量感があるのが特徴です。
詳しい緞子の説明、緞子の商品は続きをご覧ください。

⇒緞子についてはこちらから

■ポリエステルについて

ポリエステルとは、合成繊維の一種で日常生活において欠かせないものとなっています。

ポリエステルのメリット、デメリット、特徴などをご説明します。

⇒ポリエステルについてはこちらから

■正絹について

正絹とは、蚕の繭から取った絹100%の生地をいいます。

正絹のメリット、デメリット、「染め」と「織り」の格についてもご説明しています。

⇒正絹についてはこちらから

■本塩沢について

本塩沢は、さらりと着心地が良いのが一番の特徴です。通気性がよく、コシの強い生地ですので着心地の良さを楽しむことができます。

本塩沢の品種、織り、模様などについてご紹介しています。

⇒本塩沢についてはこちらから

■化繊の着物について

化学繊維を使用した着物は、汚れにくくシワになりにくいのが特徴です。汚れても気軽に丸洗いできるため、お手入れが簡単。

着物だけでなく帯や長襦袢、小物までも化繊のものが増えてきています。

⇒化繊についてはこちらから

■白生地について1

白生地とは、染めの着物に使う生地の染める前の白い状態のことをいいます。

用途や目的によって様々な織り方をされる白生地。その種類と特徴についてご紹介します。

⇒白生地についてはこちらから

■白生地について2

上記の記事に引き続き、白生地の種類と特徴についてのお話です。

絹だけでなく、木綿や麻についても触れています。

⇒木綿や麻も。白生地についてはこちらから

[template id=”2329″]
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。