帯の結び方~蝶々結び~ 【相模原市なら、即日発送可能】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■蝶々結び/袋帯
蝶々が舞うような愛らしい帯結びです。背を高く見せますので、小柄な方によく似あいます。四枚の羽根のバリエーションを楽しみましょう。
1.ての寸法をウエスト線に決め、胴に2回巻きます。ふた巻き目に後帯板を入れ、てを上にひと結びします。結び目の下にタオルを入れます。
2.てを下に下ろし、結び目からたれ先に向かって羽根の寸法を肩巾いっぱいに計ります。残りのたれを、たれ先まで3等分に折り、肩にあずけて隠し紐で押さえます。
3.羽根の布目を通し、真横に形づけます。
4.下にあるてを上に上げ、羽根の寸法をやや短めに計り、2枚重ねます。上の羽根と下の羽根の中心に3つ山ひだを別々に作り、少しずらして、隠し紐で押さえます。
5.枕は羽根を持ち上げるようにして高めにあてます。ガーゼ、帯揚げをかけます。
6.肩にあずけたたれを下ろし、帯山から手巾1つの位置に帯締めをあて、たれ先を折り上げて、前で結びます。
7.4枚の羽根を形づけ、帯揚げ、帯締めを整えて出来上がりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。