訪問着に合わせたい中古帯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問着に合わせる帯は、袋帯が一般的です。
最近はあまり出回っていませんが、フォーマルな丸帯も合わせられます。

帯の中にも格があり、仕立て方や柄の入れ方によって格が変わります。

フォーマルな場面では、訪問着に合わせる帯は、金糸や銀糸を織り込んだ錦織、厚みのある唐織の帯などを選ぶのがいいでしょう。また、柄の華やかさも大切です。

セミフォーマルの場面には、縮緬や友禅に染められた帯も、柄によっては訪問着と合わせても問題ありません。

お茶会、同窓会、観劇などのカジュアルな席の訪問着には、名古屋帯を合わせることで、カジュアルよりにすることができます。
ただし、お茶会の場所によっては、カジュアルすぎる柄を選ぶのはやめておきましょう。
また、ろうけつ染などは普段用のものなので、フォーマルな席で訪問着と合わせないように気をつけてください。

中古の袋帯はこちらから

中古の名古屋帯はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*