長襦袢の正しい選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長襦袢を選ぶとき、まず持っておきたいのは白の長襦袢です。
白の長襦袢は、すべての着物に合い、黒留袖や色留袖、喪服などの正装の際には必要となるのでおすすめです。ただし、喪服を着用する際の長襦袢の地紋に、吉祥文様などのおめでたい柄を合わせないようにしてください。

着物姿にこだわりたい方には、訪問着や附下、小紋などの着物に白を合わせるのは物足りないのではないでしょうか。

訪問着や付け下げ、紋付きの着物、江戸小紋などのセミフォーマルの着物には、淡い色の長襦袢がおすすめです。ぼかしが入っているとよりオシャレになります。

小紋や紬などの普段着るカジュアル着物には、決まりがありません。自分の好きな色や柄を着物に合わせて着こなせば、着物上級者に近づけますね。

リサイクル着物の場合、振袖や喪服、男性着物、子どもの七五三の着物には、すでに着物に合ったサイズの長襦袢がセットになっている商品が多数あります。長襦袢のサイズがなかなか見つからない場合は、リサイクル、中古品を狙ってみるのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*