付下げの柄に迷ったら「花柄」で決まり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物の中でも、訪問着と付下げは比べられることが多く、その違いについても着物初心者の方には難しいのではないかと思います。
裾や衿元の柄が裁ち目にまたがっているかどうか、というのが簡単な見分け方ではあるのですが、裾模様だけ絵羽になっているものなどもあり、訪問着と付下げの境界線は年々、曖昧になってきていると感じます。

当店では、裾模様が絵羽になっていても、衿元の柄が裁ち目をまたいでいない着物は「付下げ」と分類しております。
訪問着よりも柄付けが控えめなものが多く、「ちょっとよそ行き」に最適なお着物です。
小紋・付下げ・訪問着を比べると、「小紋<付下げ<訪問着」の順で、小紋が最もカジュアルなコーディネート向きになります。

そんな付け下げの中でも、種類が多く人気なのは「花柄」
どんな場面にも使いやすい定番の柄ですし、中古の着物でも取り扱いが比較的多い柄ですので、初めての付下げに花柄はベストです。

どんな柄の付下げにしようか、コーディネートに悩んだら、まずは花柄の付下げをチェック!

特集ページ:付下の柄で悩んだら花柄を選ぶのが正解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*