着物の素材を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物や帯を選ぶとき、色や柄、サイズをもちろん見ますよね。
素材にもさまざまな種類があります。また、それぞれに長所・短所があるので、自分好みの素材を見つけてみてください。


着物の素材の中で最上級です。絹は、附下、訪問着以上の高級着物に多く使われています。
長所:美しい光沢による、見た目の高級感。滑らかな肌触り。吸湿や放湿、保温性に優れています。
短所:水に弱く、濡れると縮んでしまう。摩擦によって毛羽立ちやすい。日光や時間の経過による変色。

化学繊維(ポリエステル、ナイロン、レーヨン)
価格が安く、扱いやすいので着物初心者におすすめです。附下や訪問着、振袖、小紋などの格の高い着物にも使われています。
長所:価格が安い。自宅で簡単に洗濯ができる。手入れが簡単。水、摩擦に強い。
短所:吸湿性が少ない。静電気が起きやすい。

ウール
厚手の織物で、冬の普段着として多く使われています。
長所:高い保湿性。適度な吸湿性。型崩れのしにくさ。自宅で洗濯ができる。
短所:虫に食べられやすい。

木綿
単衣や夏の浴衣など、普段着として多く使われています。
長所:やわらかい肌触り。吸湿性の高さ。水に強く、自宅で洗濯ができる。
短所:しわになりやすく、縮みやすい。


夏の普段着に多く使われています。
長所:通気性が良く、汗をかきにくい。速乾性に優れているため乾きやすい。水に強いので、自宅での洗濯が簡単。
短所:しわになりやすい。

リサイクル着物錦屋の商品を素材からを探したい方はこちら

素材について、詳しくまとめた記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*