「臙脂」「深縹」なんて読むの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもリサイクル着物錦屋をご利用頂き、ありがとうございます。

さて、、、「臙脂」読めましたか?

これは「えんじ」と読み、黒みがかった深い紅色のことをいいます。
和服でもよく見かける色で、赤が苦手な方でも受け入れやすいお色ではないでしょうか。

しかしなぜ「脂」という感じが用いられたのでしょうか。
「脂」という字は、中国で古くから化粧紅のことを指していたことにより、この文字が用いられたとされています。

次に、、、「深縹」これは読めましたか?

これは「こきはなだ」と読み、藍染めの中でも一番濃く深い青色のことをいいます。

古代では、濃く勇ましい色合いから、男物の衣装にも使用されていたようです。
現代では、いわゆる紺色のイメージですね。今も和服の男性物は紺色は多く用いられており、伝統として残されています。
リサイクル着物錦屋でも、紺色は男性着物で一番多く取り扱いがあります。

「縹」一文字だけでも「はなだ」と読み、「縹色」は明度の高い美しい青色のことをいいます。

「臙脂」「深縹」色のおすすめ商品をご紹介!

お買い得品


附下 正絹 小豆・エンジ地に風景柄
税込43,780円

お買い得品


袋帯 紬地 仙頭 相良刺繍 太鼓柄 正絹 美品
税込87,780円

→税込28,314

小豆・臙脂色系の附下はこちら

お買い得品


大島紬 正絹 美品 青・紺地に幾何学柄・抽象柄
税込65,780円

→税込15,257

お買い得品


袋帯 全通柄 正絹 青・紺地に花柄 一般用て
税込41,580円

→税込30,432

青・紺・深縹色系の袋帯はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*