紬の着物をおしゃれに着こなす

紬の着物を着るときに合わせたい帯は、金糸、銀糸の入っていないカジュアルな袋帯、織の名古屋帯、袋名古屋帯、半幅帯などです。

紬はカジュアルな普段着用の着物です。フォーマル用の袋帯を合わせるより、季節感のある太鼓柄の名古屋帯や半幅帯などがオススメです。

定番の着こなしは、シンプルな紬の着物に、個性的な帯。紬だからこそ、自分らしく好きな着方を楽しめます。
もし、コーディネートに悩んだら、白地の紅型の帯がおすすめ。落ち着いた色の紬のアクセントにすることで、華やかな着物姿になります。

中古の紬で着物を楽しむ

紬とは、おしゃれ着として着れる着物です。
例えば、普段着、外出着、同窓会、観劇、結婚式の二次会、友人との食事などで着ることができます。
注意する点は、紬の着物は、正式なお茶会やパーティーに着てはいけないということです。

紬の特徴は、生地がパリッとしていて着やすい着物です。また、軽くて丈夫なので、長く着ることができます。
最近では、洗える着物があり、お家で手軽にお手入れができる着物もあります。

紬の中には、高価なものもありますが、ほとんどが安く、着物の初心者の方が最初に購入しやすいのがいいですね。
特に、リサイクルの紬着物は、着物をはじめたい方におすすめです。色柄が豊富で、より安く買うことができるので、簡単にお気に入りを見つけることができます。

着物に慣れていない方は、まず好きな色、自分に合う色を見つけてみてください。

リサイクル紬着物をお探しの方はこちら

紬の着こなし【船橋市なら、即日発送可能】

白生地に色や模様をつける染めの着物に対し、一般的には糸の段階で染めた色糸で織りあげる「先染め」で仕上げるのが織りの着物で、紬はその代表的なものです。したがって、柄も織り柄になりますが、中には後染めのものもあります。かつては商品化できない繭糸から作られたことから、普段着として用いられたという歴史があります。現在ではその技術が評価され、かなり高価なものも見られますが、金額に関わらずフォーマルな席には向きません。その分、遊び心のある小物を合わせてカジュアルに楽しみましょう。
 
■半衿・・・白の塩瀬が基本。時には色物で個性を出してもよいでしょう。
■帯揚げ・・・着物と帯の色のバランスをみて、つなぎか差し色になる色を選びます。
■帯締め・・・差し色として、着物や帯の中の一色や反対色、多色使いなどを。
■帯・・・紬や博多織、織名古屋帯などの織り帯が合わせやすいでしょう。
■長襦袢・・・着物の中の一色や反対色などの色柄を合わせて自由に楽しみましょう。
■バッグ・・・カジュアルなものや遊び心のあるもの、洋装用などでもOKです。
■草履・・・色物や多色使いなど遊び後おころのあるカジュアルなものがよいです。

黄八丈、上布について 【葛飾区なら、即日発送可能】

本場黄八丈は、東京都八丈島で織られている絹の縞文様の織物です。黄八丈はその名の通り、黄色を基調とするものと、ほかに、とび色、黒色を基調とするものがあり、それぞれが植物染料で染められています。黄八丈は、イネ科の多年草であるカリヤスや、トビハ、マダミの生皮を使用し、黒八丈には、椎の木の皮が染料として使用されています。昔から黄八丈は庶民のものとして使用されており、今もなお明るい南国の匂いが感じられます。また、本場黄八丈のほかに、秋田地方では、「秋田黄八丈」と呼ばれるものがあり、はまなすの花を染料に使われているようです。黄八丈によく似ているのでその名がついたそうですが、本場黄八丈と比較すると、ややくすんだように見られます。黄八丈は、アンサンブルとしてよく用いられ、街着、上品な普段着、会合などの装いに適しています。
上布とは、細い麻糸で織り上げられた着物のことをいいます。純粋な麻で織り上げた上等な布という意味があり、これに対し、苧麻(カラムシ)のラミー糸を使ったり、木綿を混ぜて織られたものを下布といいます。上布は通気性がよく、汗をかいてもすぐに乾く特性があるので、湿度の高い日本の夏着物には最適です。
上布の産地には有名なものがいくつかあります。新潟県南魚沼市や小千谷市の『越後上布』、沖縄県宮古島の『宮古上布』、石川県鹿島、羽昨地方の『能登上布』、滋賀県の『近江上布』などがあります。上布は、しゃりしゃりとした風合いが好まれ、暑い中でも風が抜けていく心地よさがあります。納涼や家庭着として、またはお洒落な外出着としても用いられます。

本塩沢について 【江東区なら、即日発送可能】

●本塩沢の特徴について
一番は着心地の良さです。さらりとした風合いで、通気性が良くこしの強い生地は最高の着心地を楽しむことができます。また、全工程が手作業によるもののため、精巧な絣模様ができます。さらには通称産業大臣指定伝統的工芸品と認められています。
●産地について
新潟県南魚沼郡塩沢町および六日町です。この地域は、一年間のうち、11月末から5月中旬まで約半年間積雪があり、1月中旬から3月初めまでは約3メートル以上の雪が降るそうです。その間、この厳しい風土により、人間性を忍耐強くし、30以上もの根気のいる製織作業を支えているといわれています。古くは麻織物の産地で奈良時代より前から織られていたと推測されていますが、その頃に織られた麻布が奈良正倉院に保存されているそうです。1200年以上ある織物の歴史です。
●品種について
塩沢の産地が作るものは、『本塩沢』『塩沢紬』『夏塩沢』『越後上布』の品種があります。『本塩沢』は生糸を使用し、御召地風の単衣・袷着物があります。『塩沢紬』は、紡ぎ糸を使用し、紬地風の単衣・袷着物があります。『夏塩沢』は、生糸・玉糸を使用した、紗織りの夏着物があります。『越後上布』は、麻糸を使用した、平織りの夏着物があります。
●本塩沢の織りについて
主に使用する糸は紡ぎ糸ではない、生糸です。緯糸(よこいと)に強い撚りをかけて、織り上がった反物をお湯に浸してもみ、撚り戻しの原理を利用し、しぼの風合いを出します。織り上がりの巾を、女物の場合、1尺1寸5分(約43.5cm)~1尺2寸(約45.5cm)で織り上げ、湯もみにより糊を落とし、しぼを出し、製品寸法の9寸8分(約37cm)~1尺(約38cm)の巾に仕上げます。
●絣模様について
経糸(たていと)の絣と緯糸(よこいと)の絣を手作業により柄合わせをして、絣模様を織り出します。主に亀甲絣や十字絣があります。絣作りには『手くくり』『手摺り込』『板締め』の技法により、使用する経緯糸の本数により、絣の細かさに段階があります。
絣ひとつひとつに込められた思いを大切にして、塩沢の着物にお袖を通してみるのも良いですね。

紬とは 【台東区、墨田区なら即日発送可能】

紬とは、蚕(かいこ)の繭(まゆ)から糸を取り出して、よりをかけて仕上げた丈夫な糸で織った着物のことです。紬は織物の中でも特に渋く、深い味わいを持つ着物です。着物通の人に非常に好まれ、世界一綿密な着物とも言われています。最近は、普段着としてではなく、おしゃれ着としても注目されています。
 
紬はぱりっとしていてとても着やすい着物です。きっちり着るというよりは、ラフにざっくりと着る方がよいですね。ですので、着付けに慣れていない初心者の方でも、ラフさが「味」に見えるというメリットがあります。はじめは、ごわごわと固い生地のように感じますが、着るほどに柔らかい着心地になってきます。
 
紬は大きく3種類に分けられます。
■結城紬・大島紬
最高級品とされる紬の着物。制作に1年かかると言われており、非常に高価な着物のため若い人が着ることは少ないです。古典的な幾何学模様や伝統的な模様が多く制作されています。
■米沢紬・上田紬・郡上紬・塩沢紬など
カジュアルな着物で、格子柄や縞模様など普段着として楽しめるのが特徴です。
■色無地の紬
一色で染めた生地に一つ紋を入れたもののことを言います。もともとは着物を極め熟知している年配の方の着用が多かったようですが、最近は初心者でも着こなしやすいということから人気が出ています。

紬はどんな時に着ますか? 【足立区、荒川区なら即日発送可能】

紬は大変お洒落なお着物ですが、結婚式や入学式などの正式な場には向きません。
あくまで普段着ですので、お友達とのお食事会や、お買い物、コンサートに行く時など、正式な場所以外での着用がほとんどです。
渋く味わいを持つ着物で、最近では普段着だけでなくおしゃれ着としても進化しているようです。
 
紬ははじめは生地が固く、着るとごわごわしているように感じますが、着れば着るほどに生地が軽く柔らかくなり着心地がよくなるのが魅力です。また、小物の選び方次第で少し高級なところにも出かけられますし、カジュアルダウンすることもできるのでコーディネートの幅も広く楽しみ方が多いのがよいですね。

織の着物とは 【豊島区、板橋区なら即日発送可能】

紬などに代表される「織の着物」(おりのきもの)は、「先染めの着物」(さきぞめのきもの)ともいいます。
糸の段階で染色し、生地に織り上げる段階で柄を織り込んでいくことからそう呼ばれます。
逆に「染めの着物」と呼ばれる着物は白生地を織り上げて染色・柄付けを行います。
織の着物には木綿の着物や紬の着物、お召しなどがあります。
染めの着物と比べ、カジュアルなシーンでの装いとして普段着としてお楽しみいただけます。
ざっくりとした風合いや、肩の凝らない柄行で、幾何学模様や格子柄など、幅広い年代にお使いいただけるものが多く見受けられます。
昨今、着物を着る若い女性が増えてきましたが、染めの着物の「小紋」と同様に織の着物も着物初心者には是非トライしてみて頂きたいお着物です。
「紬」というと、「大島紬」や「結城紬」といった高価なものも多くありますが、本来それ以外でも各地域に根付いて家庭で織られ、受け継がれてきた「紬」があります。
そう思うと、身近に感じてきますよね。
各地の名産品ですもの。
いいですね、お着物って