用語集

着物用語集『ま』【静岡市なら、即日発送可能】

『ま』
■前下がり(まえさがり)・・・羽織や半コートなど、衿先の部分を身丈よりも長くすること。着用した際の姿を整えるためのもの。
■前身頃(まえみごろ)・・・着物の上前身頃と下前身頃とあり、肩から裾までの袖と衽の間のことを言う。
■真岡木綿(まおかもめん)・・・栃木県真岡氏近くで織られている浴衣の生地。
■蒔糊(まきのり)・・・防染糊を竹の皮などに塗ってから乾燥させ、剥がして粉にしたものを濡らした生地に巻き付けて、点を散らした模様に染め抜くもの。
■蒔絵(まきえ)・・・金粉、銀粉などで漆器の裏面に絵模様をつけたもの。
■襠(まち)・・・羽織、被布、袴、袋物などにみられるもので、幅にゆとりを持たせるために幅布として補いを添える布を言う。
■丸帯(まるおび)・・・広幅に織った一枚の帯地を二つに折って仕立てた帯のこと。広帯ともいう。帯の全面にわたって柄付けされているため、自由な結び方と豪華さが表現される。礼装として最も格式の高い帯で、金襴、唐織、糸錦、緞子、綴などの織物の他、塩瀬や縮緬に染め、刺繍などが加えられたものもある。現在では花嫁衣裳の帯として用いられ、第一礼装の帯としては袋帯が締められることがほとんどである。
■丸ぐけ(まるぐけ)・・・帯締めの一種、正装時に締めるもので、白、赤、黒のいずれかの紋綸子、羽二重などで、中に綿をつけて丸くなるようにしたもの。
■真綿(まわた)・・・生糸の原料にならないくず繭をよく練って引き延ばしたもの。
■回(まわし)・・・白生地の価格単位の表現。一疋または一反という場合は当(あて)いくらと言う。

着物用語集『ほ』【静岡市なら、即日発送可能】

『ほ』
■帽子絞り(ぼうししぼり)・・・模様にする部分に染料がしみこまないように、芯を入れて竹の皮やビニールで覆って糸で巻き付ける。
■防染(ぼうせん)・・・防染糊という糊を生地に付着させ、その部分に色が染まらないようにすること。凡戦糊は伏せ糊とも言われ、多色の彩色をする場合、色染した個所を糊で伏せ、色が重ならないようにして次の色を染める技法として用いられている。
■訪問着(ほうもんぎ)・・・絵羽模様の着物の社交着として、未婚既婚を問わず着用範囲の広い機能性を持っている。紋を入れ格式を持つもので、柄付けは若い人には祖模様の華やかなものを、年配の方には胸や肩の模様付けを抑え裾模様的に柄を配置したものなど、多様な商品が制作されている。原則として、家紋を入れ、染めの絵羽模様で生地は縮緬、紋生地、盛夏用として絽などが使用されるが、おしゃれ感覚を高めた紬、お召の縫い取り、大島に絵羽加工したものなどもある。
■暈染(ぼかしぞめ)・・・染めの技法の一つで色を次第に薄く、あるいは次第に濃く染色すること。ぼかし染めには曙ぼかし(段差をつけないで順に薄く、または濃くする)と段ぼかし(帯状の段差をつけて順に薄く、または濃くする)がある。
■星(ほし)・・・型送りするときに用いるアタリのこと。
■細川(ほそかわ)・・・浴衣の染色方法の一種。一度染め上げた生地をさらにその上から染めると上の柄と下の柄が重なり合って濃淡のある独特な柄が出来上がる。男物の大半はこの染め方である。
■本耳(ほんみみ)・・・特別に秀れた作品であり両耳に本絹生糸を使ったもの。

着物用語集『へ』【静岡市なら、即日発送可能】

『へ』
■兵児帯(へこおび)・・・兵児とは鹿児島県で15歳から25歳までの青年のこと。薩摩藩の兵児がタスキを兼ねて白木綿を帯としたところからこの名が付けられた。現在は色染、絞り模様などが施されているものが主流。
■紅下(べにした)・・・高級黒紋付などに多く使われる染め方法。黒を染める前に紅色に染めておくことで、黒を染めた時に染め色、つやが良くなる。
■紅花(べにばな)・・・アザミに似てトゲがあり、夏に紅色を帯びた黄色の花を咲かせる一年草。花から紅を、種から油をとる。

着物用語集『ふ』【静岡市なら、即日発送可能】

『ふ』
■風通(ふうつう)・・・織物の変わり組織の一つで、表と裏に違った色、または文様を表します。二重織りで浮き織りになっています。風通お召が代表的なものです。
■フォーマル・・・型にはまったもの、あるいは形式を重んじるという意味。紋付、留袖、振袖、訪問着、紋付羽織などを指します。
■吹寄(ふきよせ)・・・吹寄せ模様のこと。木の葉の落ちたものなどいろいろ吹寄せたものを取り集めて、一つの紋様にしたもの。
■袱紗(ふくさ)・・・絹ちりめんの小さな方形の布で進物などの上にかけるもの。祝儀用には赤紫などの華やかな色に寿などの文字でおめでたい柄をつけますが、凶事用には白、浅黄色などが用いられます。大袱紗は丈76cm幅68cm、中袱紗は丈46cm幅46cm、小袱紗は丈34cm幅44cmです。
■袋帯(ふくろおび)・・・外観を丸帯のように袋状の二重に織った帯のこと。今日では丸帯にかわって礼装や盛装に用います。末端の部分を綴じるだけでそのまま使うことができます。
■袋名古屋帯(ふくろなごやおび)・・・八寸名古屋帯とも言います。単帯の地風に織り、お太鼓の裏になるところを折り返し、胴に巻く部分は半幅に二つ折りにして用います。芯を用いず仕立ても簡単、軽くて締めやすいので需要も多いです。正絹、化繊との交織物など品種も多く大衆性があります。盛装用にはまりませんが、外出用などに用いられます。
■節(ふし)・・・生地の表面にコブとかツブのあるもののことを言います。このような糸によって織ったものを節絹といいます。
■伏糊(ふせのり)・・・柄を染めるときにすでに染色した部分を糊で覆っておいて、それ以外の部分を染めることを伏糊すると言います。
■振袖(ふりそで)・・・若い女性の盛装として着用されるものであり、特に成人式、謝恩会、結婚披露宴、パーティ、花嫁のお色直し、その他訪問時などの洋とに適しています。振袖は袖の長さにより、大振袖、中振袖、小振袖と区別されています。これは袖丈によるもので、大振袖が二尺八寸(約106cm)、中振袖が二尺四寸(約91cm)、小振袖が二尺(約76cm)を標準寸法としています。しかし、着尺者の身丈が身長によりバランスのとれた袖丈が必要であり、これを標準として加減されることが適切です。
■文庫紙(ぶんこし)・・・着物や帯を包む紙のこと。小袖文庫は衣服を包むもので、四つ開きになった和紙の上下左右に紙紐がつけられています。別名、たとう紙とも言います。今日では合成樹脂の袋が用いられることも多くなっています。

着物用語集『ひ』【練馬区なら、即日発送可能】

『ひ』
■桧垣模様(ひがきもよう)・・・ヒノキの薄板をあじろのように斜めに編んだ垣根を模様にした古典調の模様。一般的に着物、帯などの柄に広く用いられている。
■疋・匹(ひき)・・・反物二反分の長さのもののこと。羽織と着物を対に着る場合に用います。男性用のウールや大島紬に多く、アンサンブル用の反物ともいえます。
■引返し(ひきかえし)・・・表と同じ生地を使用した裏生地のこと。共八掛。
■菱模様(ひしもよう)・・・菱の形をした模様のこと。幸菱、武田菱、松川菱、花菱などがあり、古典的な模様で紋所にも用いられます。また、線だけではなく線の中にいろいろと違った模様を入れて用いられることも多いです。菱はもともと、ヒシ科の多年草、池や沼に生えているひし形の葉の植物。
■毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)・・・毘沙門とは四天王のひとつ。鎧兜をつけ、矛を持ち仏法を守る七福神のひとつ。毘沙門亀甲は祝儀の際の着物の地紋に用いられる。
■疋田絞り(ひったしぼり)・・・絞り染めの一つ。四角形の鹿の子模様。
■単衣(ひとえ)・・・長着、羽織、長襦袢など裏をつけない一重の着物のことを総称して呼びます。季節の変化に合わせ、着物のおしゃれを楽しむもので、生地、文様、色柄、帯との調和など、多様な要素をまとめた趣味の感覚を装うことができる着物。季節感を楽しむのにピッタリの着物です。
■単帯(ひとえおび)・・・裏生地や芯を用いないで締める帯のこと。博多帯、綴帯、夏帯としての絽、紗、羅など民芸的な紬風の単帯もあります。
■単衣羽織(ひとえばおり)・・・主に絽や紗を使用するので夏羽織として用います。薄物ともいい、夏の羽織のため涼を呼ぶような柄、地色を選ぶとよいでしょう。
■一越縮緬(ひとこしちりめん)・・・シボが小さく縮緬の代表的な生地。二越、三越、四越と越が増えるごとにシボが大きくなる。
■一つ紋(ひとつ紋)・・・紋所の付け方の一つ。背の中央の縫い目にまたがって、一つだけつける紋。背紋ともいい、略式の格式張らない時に着る長着や羽織につけます。
■日向紋(ひなたもん)・・・表紋ともいいます。地を白く染め抜いたところに置かれる紋所。
■被布(ひふ)・・・着物の上に羽織代わりに着るコートの一種。錦の組紐で前を留めてあり、江戸時代にできたものです。
■比翼仕立て(ひよくじたて)・・・着物の仕立て方の一種。一枚の着物に袖口、振、衿、裾の部分が二枚の着物を重ねたように仕立てること。人形仕立てとも言います。
■平打ち(ひらうち)・・・羽織の紐や帯締めの組紐の種類で糸を薄く平たく組んだもの。
■平織(ひらおり)・・・普通の平地の織物。縦糸と横糸を一本おきに交らせる織り方。
■広衿(ひろえり)・・・普通の衿幅の二倍ある広い衿のこと。着るときは上部を半分に折り、下の方はそのまま斜めに折って着る。
■氷割(ひわれ)・・・氷が割れた時のような模様。
■紅型(びんがた)・・・沖縄県那覇市を中心にして生産されている。多色使いと強烈な色彩使いが多い南国的な染め物。

着物用語集『は』【相模原市なら、即日発送可能】

『は』
■羽裏(はうら)・・・羽織の裏に使う生地のこと。着脱しやすくするために、滑りの良い綸子や羽二重を用います。羽裏につける模様は表地よりも単純で趣味要素の強い粋なものを用いることが多いです。
■羽織(はおり)・・・着物の上にはふり着るという意味で、主に武士が陣羽織として用いたところから発展してきたと言われています。羽織には、袷羽織・単衣羽織・無双羽織などがあります。着物の保温上の欠点を補う役割をしており、生地は縮緬・御召・大島・ウールなどが使われます。近年では昔よりも丈の短いものが多く、中羽織75cm、茶羽織70cmなどが増えてきています。
■羽織下(はおりした)・・・羽織の下に着る保温用の袖なしを言う場合と、羽織の下に締める小袋帯を言う場合があります。
■羽織紐(はおりひも)・・・羽織の衿の胸の部分につける紐のこと。羽織を着用する際の小物ですが、趣味的な意味合いが大きく、凝ったものが用いられ、帯締めと同時に丸打、平打などの組紐が多く用いられます。
■博多帯(はかたおび)・・・博多織で仕立てた帯のこと。博多織として経糸は細い絹のより糸を細かに配列し、横糸にはやや太い片より糸を用いて強く打ち込んだ普通の平織もの。重厚で多くは帯地として用いられます。博多帯としては女性の単帯と男性の角帯などがあります。
■袴(はかま)・・・上衣の上につけて腰から足までを覆う一種の服。馬乗り袴、行燈袴、小袴、半袴など種類も多いです。明治維新後に裃の着用が廃止されて以来、羽織とともに礼服とされてきました。
■筥迫(はこせこ)・・・婦人が懐中にはさんで持つ布製の紙入れ。江戸時代奥女中や中流以上の武家の婦女が実用に用いましたが、そののちには華美なものとなり礼装の際に装飾用として用いています。現代では七五三の祝いに用います。
■羽尺(はじゃく)・・・着尺に対して使われる言葉で、羽織を作るのに必要な長さの和服地のこと。一般には鯨尺の二丈六尺(9メートル80センチ)とされています。
■芭蕉布(ばしょうふ)・・・芭蕉の繊維で織った布。沖縄の名産。
■バチ衿(ばちえり)・・・後中央の衿幅よりも、衿先の方が広くなっている衿のこと。普段着に多く使われ、また胸幅の狭い人には広衿よりも着やすいとされています。
■八掛(はっかけ)・・・裾回しと同じ意味。
■八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)・・・袋名古屋とも言います。芯を用いず仕立ても簡単、軽く締めやすいので需要が多いです。しかし、改まって席よりも街着用に適しています。
■抜染(ばっせん)・・・染め上がっているものを色抜きすること。完全に色を抜くのを白色抜染、薄い色に元の色を残すのを半抜染と言います。抜染した部分を新たに染めるのを着色抜染と呼びます。
■端縫い(はぬい)・・・本仕立てしてある着物を解いて反物の状態に縫い合わせること。洗い張りをしたり染変えをする場合に必要。
■パレス・・・縮緬の一種。羽二重のような平織に見えます。できるだけ小さなシボにして織ったもので、八掛に使用することが多いです。
■半衿(はんえり)・・・襦袢の衿にする掛け衿のこと。汚れた場合にはこれを取り換えることができます。
■半天(はんてん)・・・羽織に似ている丈が短い上着のこと。マチがなく、胸紐をつけず普通は半衿を付けます。
■半幅帯(はんはばおひ)・・・並幅の帯を半分に折って仕立てたもの。14センチ~15センチ幅の帯で最初から半幅に織った単帯や半幅の袋帯にしたものなどがあります。羽織下とも言われ、普段着用、浴衣用、子供用などとして使用します。幅が狭いので結び方も限定されますので、略礼装用のものです。

着物用語集『の』 【新潟市なら、即日発送可能】

『の』
■能衣裳(のういしょう)・・・舞と囃子から成る日本独特の能の楽劇につける着物のことを言います。
■熨斗目(のしめ)・・・腰を中心として柄のある着物を言います。江戸時代の武家男子の礼服となりました。産後百日以内に宮参りするときの着物。
■糊染め(のりぞめ)・・・日本古来からの染色方法。もち米の糊を防染に用いる方法で、蝋染めや紋染に対する言葉ですが、現在は型染めに対して手描き染めや手糊染めを意味する場合もあります。技術的に完成させたのは宮崎友禅斉と言われています。
 

着物用語集『ぬ』 【新潟市なら、即日発送可能】

『ぬ』
■縫揚げ(ぬいあげ)・・・子供の着物としての一つ身、三つ身、四つ身などを体に合わせて摘み縫いすること。
■縫い締め絞り(ぬいじめしぼり)・・・生地の横幅を縫っていき、絞って棒状にしてから染める加工のこと。縫い糸をほどくと生地に絞り柄模様が出る。
■縫い箔(ぬいはく)・・・縫いは刺繍、箔は箔摺り(金銀を紙のように薄く伸ばして摺りつけたもの)のこと。刺繍や箔摺り模様を表したものです。
■縫い紋(ぬいもん)・・・礼服、紋付の紋を糸で縫いとったもの。染め紋に対して略式として用いられます。
■抜き衣紋(ぬきえもん)・・・衣紋を後ろへ押し下げて、衿を抜き出すようにして着物を着ること。首筋を出すように着るので粋で色気のある着方です。

着物用語集『に』 【新潟市なら、即日発送可能】

『に』
■錦織(にしきおり)・・・二色以上の色糸や金銀糸を使ってきれいな模様を織り出した、地が厚い高価な絹織物のことを言います。
■二重太鼓(にじゅうたいこ)・・・お太鼓の部分が二重になるように結ぶ、帯結びの方法です。
■二部式コート(にぶしきこーと)・・・ツーピース式になっているものを言います。下(スカート)をとると、上が道行コートとなります。雨コートなどがあります。

着物用語集『な』 【新潟市なら、即日発送可能】

『な』
■長着(ながぎ)・・・足首まである長い着物のことを言います。羽織や襦袢は長着にふくみません。
■長襦袢(ながじゅばん)・・・着物の下に着る対丈に仕立てられた下着のことを言います。防寒用にも用いますが、半衿をかけて重ね着の美しさも表します。ポイントは着物地とのなじみ具合と裾さばきの良し悪しの二点です。
■名古屋帯(なごやおび)・・・外出用の女帯の一種で、外出用に幅広く用いられています。模様のつけ方によって、お太鼓柄、六通柄、四通柄、全通柄に分けることができます。趣味性の高い帯で、柄も形象柄非形象柄ともに多様に使われています。
■梨地織(なしじおり)・・・織物の表面がなしの実の表皮のように、細かいシボ風の凹凸のあるものを言います。
■捺染(なっせん)・・・布地に型紙をあて、染料をなすって模様を染め出すことを言います。
■夏帯(なつおび)・・・夏の帯地のことで、織り方に紗、絽を用いて、清涼感を表すもの。麻などを用いて、夏の感触を出すものは地一枚により涼しさを持たす単帯など、材料や使用方法はいろいろあります。夏帯の模様は、秋の涼しさを思わせるような萩、すすき、桔梗、流水のようなものを用い、色は寒色系が多いです。普通、単帯は5月から盛夏用として8月頃まで用いられます。
■斜子織(ななこおり)・・・タテ糸、ヨコ糸とも二本以上の糸を揃え、平織りに織っていくもので、織りあがりが魚の卵に似ているところから魚子織、七子織などの別名があります。生地は薄手で手触りの良い風合があります。