用語集

着物用語集『と』 【新潟市なら、即日発送可能】

『と』
■胴裏(どううら)・・・女性用の身頃、袖などの上部につける裏布のことを言います。紅絹や羽二重をつけ、留袖、色留袖、振袖などの着物には、表地と同じ生地を使用し、さらにその裏地に柄をつけるなどしておしゃれをします。
■胴着(どうぎ)・・・下着と襦袢、上着と羽織などの間に着る綿入れのことで、防寒着に用いるものです。
■胴抜き(どうぬき)・・・着物や長襦袢など、胴裏を省いて仕立てることです。
■通し裏(とおしうら)・・・男性用の袷着物、丹前などの胴裏、裾廻し、袖裏に同じ布をつけることで、男性用の着物に多く、また花嫁の打掛にも通し裏がつけられています。
■留袖(とめそで)・・・黒地のものを黒留袖、黒以外の地色のものを色留袖と言います。名称の由来は、結婚後にそれまで着ていた振袖の袖を短くつめた所から出たもので、詰袖とも呼ばれ元は元服や結婚後の着物として着られていました。現在は既婚女性の正式礼装として、無地裾模様に染抜きの五ツ紋をつけて用いられます。
■共衿(ともえり)・・・着物と同じ布地で、長着の地衿の上にもう一枚かける衿のことを言います。
■トンボ絣(とんぼかすり)・・・点と線で、トンボの形を表して布地一面に配したものを言います。

着物用語集『て』 【堺市なら、即日発送可能】

『て』
■手描友禅(てがきゆうぜん)・・・型紙を用いず、糊置、挿し、彩色などすべて細い筆で描いて、仕上げていくものです。一点一点、絵を描いていくのと同じことですから、多彩で繊細な表現力をもっています。手描き友禅は主として、絵羽の着物に生かされます。
■手糊染め(てのりぞめ)・・・手描き染のことで、型紙や機械などを用いずに、手先で絵を描くようにして染めることを言います。
■手紡糸(てぼうし)・・・手で紡いだ糸のことを言います。

着物用語集『つ』 【堺市なら、即日発送可能】

『つ』
■付け帯(つけおび)・・・作り帯のことを言います。胴の部分とお太鼓の部分を別々に作って結びます。風呂敷で作るなど、付け帯の作り方はいろいろあります。
■付下着尺(つけさげきじゃく)・・・着物に仕立てた時、身頃や袖などの模様がそれぞれ合うように柄をおいた反物のことを言います。
■辻が花(つじがはな)・・・室町時代から桃山時代にかけて一時的に現れ、忽然と消えてしまった染法です。辻が花染めの特徴は絞りを主体にした絵模様染めで、後に描き絵や刺繍、箔などが加えられた、華麗な染物です。名称の由来については不明な点が多く謎とされています。
■筒袖(つつそで)・・・袖の形のひとつで、仕事がしやすいように袖が筒状になっています。
■綴織(つづれおり)・・・古くからある織り方で、タテ糸、ヨコ糸とも、太い撚り糸を使い平織りにしていきますが、ヨコ糸を織り込む時にクシのようになった爪でかくようにして糸を詰めていきます。
■綴帯(つづれおび)・・・綴機を用い、整経されたタテ糸の下に紋図を置いて、紋図に合わせながら色糸を織り出したものです。
■褄(つま)・・・袷長着の出ふきの角のことを言います。褄先は剣先とともにポイントとなる部分なので、表布が美しいカーブを描いて見えるように仕立てられています。

着物用語集『ち』 【堺市なら、即日発送可能】

『ち』
■縮緬(ちりめん)・・・絹織物、一越、古代、うずら、縫取り、絽縮緬など種類は豊富です。強く撚った生糸、ヨコ糸にして右撚り左撚りの糸を交互に織込み、織りあがってから精練します。
■茶羽織(ちゃばおり)・・・着丈が腰までの短い羽織のことを言います。防寒とおしゃれを兼用した羽織であり、主に家の中で着るものを言います。
■中形(ちゅうがた)・・・浴衣のことを言います。江戸時代には、紺屋染と言われていました。小紋より大きい柄のため中形と言います。
■抽象柄(ちゅうしょうがら)・・・線、色、形によって表す非具象的な柄を言います。
■中振袖(ちゅうふりそで)・・・未婚女性の第一の礼装で、袖丈が鮫尺の二尺~三尺位のものを言います。柄も華やかで、成人式、卒業式、婚礼の色直しなどに着用します。中振袖は結婚すれば着られないように思われていますが、袖を短くして訪問着として、振袖のままでも二重太鼓を結べば結婚後も着られます。
■昼夜帯(ちゅうやおび)・・・女帯の一つで、腹合せ帯とも言います。

着物用語集『た』 【堺市なら、即日発送可能】

『た』
■太鼓柄(たいこがら)・・・前柄と後柄の二か所に柄が出ている帯のことを言います。
■伊達衿(だてえり)・・・衿の下にもう一枚衿だけを重ねたものを言います。着物の襟元に華やかさを求めたいときに用い、優雅さを演出します。生地は正絹がほとんどで塩瀬羽二重、綸子などやわらかい風合のものが使われます。着物の色に合わせて使ってください。
■伊達締(だてじめ)・・・伊達巻きとも言い、帯下に締めて着くずれを防ぐ幅のせまい帯のことを言います。一本は長襦袢の上に使い、一本は着物の帯下に締めるため最低二本は必要となります。
■伊達紋(だてもん)・・・紋所のひとつですが、家紋と違って家柄を表さないしゃれた紋です。花鳥や山水、文字などをデザインして、おしゃれようにした紋です。
■堅絽(たてろ)・・・絽は絽目の違いにより横絽と堅絽に分類されます。堅絽は、縦に目を通したものを言います。
■立涌(たてわく)・・・着物の模様のひとつで、立涌模様の略。たちわき、たてわきとも言い、古くからある古典模様のひとつです。相対した曲線が中央でふくれ、波形になって並んでいるものを言います。ふくれた部分の文様によって雲立涌、菊立涌などがあります。
■畳紙(たとうし)・・・たとう紙の略で、衣服の包み紙のことを言います。厚地の和紙でつくられ、昔は渋や漆を塗って使っていました。大きさは箪笥の大きさに合わせてあるので、着物を一枚づつたたんでしまえ便利です。
■足袋(たび)・・・木綿、絹、キャラコ、しゆすなどで作り、足をおおい包む袋の一種で、防寒や礼装のために履きます。足袋は着物姿をより美しくひきたてる役割をします。選ぶときは、少しきつめの細い目のもので、ぴったりとした感じで履きましょう。コハゼは普通は4枚ですが、正装の場合は5枚コハゼを使います。
■反(たん)・・・着物の大きさを表す単位です。幅36cm~38cm、長さ約11m~12.5mのものを反と言います。また、着物2枚分の長さ以上を疋(ひき)と言います。
■丹後縮緬(たんごちりめん)・・・京都府の丹後峰山、網野地方で生産される縮緬のことを言います。
■丹前(たんぜん)・・・冬に保温用に着る、普段着に綿を入れたものを言います。主に使用する生地は、紬、銘仙、お召、ウール、合繊、綿等です。
■反物(たんもの)・・・着物一着分の用布。幅9寸5分(36cm)、長さ3丈(12m)くらいに織られたものが標準です。

着物用語集『そ』 【千葉市なら、即日発送可能】

『そ』
■象嵌(ぞうがん)・・・金属、陶磁器、木材の表面に模様を刻み、金銀や赤銅などをはめこむことを言います。
■総模様(そうもよう)・・・全体に模様のはいったものを言い、とび模様、裾模様、のしめ模様などに対していう言葉です。
■袖口布(そでぐちぬの)・・・着物の袖口に使う布のことを言います。羽織は表地と共布、着物は八掛と共布です。男性用は別布となります。
■袖下(そでした)・・・袖の下のことを言います。
■袖丈(そでたけ)・・・袖の長さのことを言います。
■袖畳(そでだたみ)・・・着物の略式の畳み方で、両袖を合わせ、身頃を背中側にして畳むことです。
■袖付(そでつけ)・・・身頃と袖のついた部分のことを言います。
■袖幅(そではば)・・・肩山から手首までの長さを言います。
■袖模様(そでもよう)・・・袖だけに模様を描いたものを言います。
■袖山(そでやま)・・・袖の上の部分、袖の前と後の折目の所を言います。
■染抜紋(そめぬきもん)・・・家紋の表現方法のひとつで、白く染め抜いた紋、正装用につける紋所で、染抜きの五つ紋はもっとも格式のある紋です。
■染め匹田(そめひった)・・・匹田絞りを図案化し、実際には絞らないで疋田絞り柄として染めたもののことを言います。

着物用語集『せ』 【千葉市なら、即日発送可能】

『せ』
■青海波(せいかいは)・・・古典的な波文様のひとつで、青海波の舞曲に用いる衣服につけたことから出た語です。白生地、帯地などの文様に用いられています。
■精華縮緬(せいかちりめん)・・・紋付などによく使う生地で、「シボ」が低くちぢむということも改良された生地のことを言います。
■仙台平(せんだいひら)・・・仙台地方の袴生地で精巧な絹織物のことを言います。
■全通柄(ぜんつうがら)・・・全長すべてに柄がある帯のことを言います。
■扇面模様(せんめんもよう)・・・扇を広げた形で模様になっているものを言います。扇は末広がりといって、縁起の良いものとされています。

着物用語集『す』 【千葉市なら、即日発送可能】

『す』
■裾廻し(すそまわし)・・・袷着物の裏地のことを言います。生地は紬風のもの、パレス縮緬、綸子ちりめんなどがあり、ぼかし染めや無地染めにしたりします。
■裾模様(すそもよう)・・・前身から後身にかけて斜めに一面模様があることを言います。
■裾よけ(すそよけ)・・・女性の腰部から脚にかけて纏う布ことを言い、腰巻の上に重ねて使用するものです。
■墨打(すみうち)・・・着物の寸法をはかり、生地に墨で印をつけることを言います。本仕立てをする場合には、墨打したところを裁断します。
■墨流し染め(すみながしそめ)・・・水の中に染液をおとして動かすと、染液が広がって模様になります。そこへ布をおいて写しとる染色法のことを言います。
■摺り(すり)・・・生地を平たい板の上に貼りつけて、その上から絵型を置き染液を刷り込む染色方法のことです。
■刷り込み(すりこみ)・・・型紙の上から色を刷り込んで模様を作ることを言います。

着物用語集『し』その2 【千葉市なら、即日発送可能】

『し』
■絞り(しぼり)・・・布に青花で下絵を描き、模様の部分を糸やテープなどで固く縛って防染し、染液に浸して染めると、染め残りの部分が「絞り」模様となります。
■地紋(じもん)・・・織物の組織や糸使いの変化で布の表面に現れる模様のこと。染下生地として紋綸子や絞り縮緬などがそれで、紋の柄としては波、雲取り、亀甲、山水、芝露などが多いです。地紋の大きさによって一釜、二釜…四釜、五釜と分けられ一釜は主に振袖、付下げに用います。
■紗(しゃ)・・・生糸をからみ織にした一種の絹織物で、織目は粗く軽くて薄いのが特徴。布面に隙間があり通気性に優れ、盛夏用の着尺や羽織地として用います。光線の具合で水紋が現れて涼しげです。
■ジャガード(じゃがーど)・・・紋織物を織るの機械名称で、フランス人のジャクワールが発明したもの。明治初期に日本に輸入されました。複雑な模様を作り出すことが可能。
■洒落紋(しゃれもん)・・・伊達紋と同じ。家紋と違い、家柄を表さない紋です。花鳥や山水、文字などをデザインしたおしゃれ用の紋。
■十三参り(じゅうさんまいり)・・・十三歳になった男の子、女の子が、陰暦3月13日に福徳知恵音声のそなわることを祈願して、虚空蔵菩薩に参拝する行事のこと。京都嵯峨の法輪寺のものが有名。
■朱子(しゅす)・・・柔らかくて艶があり、コート、衿、帯などに使われる生地で、サテンとも言います。安土桃山時代のもので古い歴史があります。
■十徳(じっとく)・・・昔の上着のこと。左右の脇を縫い付けたもの。
■襦袢(じゅばん)・・・単衣仕立てで肌に直接着るものを「肌襦袢」、単衣または袷で衽のない着丈に仕立てたものを「長襦袢」、腰までの長さのものを「半襦袢」と言います。
■正倉院文様(しょうそういんもんよう)・・・奈良県の正倉院に残されている古代裂や染織物の模様のこと。
■装束(しょうぞく)・・・礼服、衣冠(昔の貴人の礼服のこと)。
■上布(じょうふ)・・・高品質な麻の織物で、主に着尺として使用する。夏用の衣類として用いられ、産地名をとり「越後上布」「宮古上布」「八重山上布」「能登上布」「近江上布」などと呼ぶ。
■シルクウール(シルクウール)・・・絹と毛の交織のこと。
■シルック(しるっく)・・・東レが開発したポリエステル異形断面糸帝人はシルパール、カネボウはソアリオンと表示されています。
■白絣(しろがすり)・・・白地の生地に絣柄の入ったもの。
■白生地(しろきじ)・・・染め加工をしていない織りあげたままの白い生地のこと。
■白無垢(しろむく)・・・上着、下着とも、全て白色の衣服のこと。神事、結婚、死などに清浄を尊んで用いました。現在は婚礼の打掛などに綸子地を使用したものがみられます。
■芯木(しんぎ)・・・着尺、付下げ、羽尺などを取り扱いやすいように丸く巻くもの。
■甚平(じんべい)・・・男性用の夏の軽装着。丈はひざまでのワンピース型と、上下二部式のものがあります。付紐で結びます。

着物用語集『し』その1 【北九州市なら、即日発送可能】

『し』
■地色(じいろ)・・・織物には地の部分と柄の部分があります。柄には染めの柄と織りの柄があり、様々な模様を表現しています。それらの柄ではない部分の色のことを地色と呼びます。
■塩瀬(しおぜ)・・・新潟県五泉市を主な産地とする、地が厚く経糸を密にして、太い緯糸を強く打ち込んだ平織の織物。表面に横畝があらわれるのが特徴で、昔は着尺、羽尺などにも使用されていました。近年は染め名古屋帯に多く用いられているようです。
■四君子模様(しくんしもよう)・・・君子のように気品が高く風格があるという蘭、竹、梅、菊を組み合わせた模様のこと。中国の南部ではこの四つの花が最も気品の高い花とされています。着物の模様の扇面や雲取りの中に配置されることが多いです。
■扱(志古貫・しごき)・・・女性の腰帯の一つを帯締めの下方に軽く締める飾り帯。無地染めの紋綸子や綸子が多く用いられ、女児の祝い着に用いられます。二重に回して脇で結び、その端をたれこの端には同系色の絹糸でフサをつけます。
■刺繍(ししゅう)・・・糸を布地の表と裏から刺し、その表面または表裏両面に糸で絵画や模様を縫い表現すること。
■しじら織(しじらおり)・・・ちぢみ織のこと。経糸に長いものと短いものを使い分け、織りあがったあとに湯通しすると、ゆるい経糸が縮み表面が凸凹した地風を出すことになります。柔らかく肌触りが良いので、夏帯などの趣味の帯に向いている生地です。
■下絵(したえ)・・・本染めがしやすいように、模様の輪郭などをあらかじめ描いておくこと。
■下着(したぎ)・・・長襦袢の下に着る下着。肌によくなじみ、汗を吸い、表の着物にさわりのないものを選びましょう。白羽二重や白縮緬を下着とすることが多いです。近年では比翼仕立てにすることも増えてきています。
■七五三(しちごさん)・・・五歳の男児、三歳・七歳の女児の成長を祝い、11月15日に神社に参拝する行事のこと。近年は家庭の都合に合わせて11月15日近辺の休日に行うことが多いようです。
■悉皆(しっかい)・・・誂え染のことで、紋入、染色、絵羽縫いなどすべての仕事をすることを言います。
■七宝模様(しっぽうもよう)・・・七種の宝物のこと。輪違いつなぎ紋とも言われ、花、鳥、浪などを合わせて、浪七宝、花菱七宝などに図案化されています。古典的な模様で、現在も幅広く用いられています。
■地直し(じなおし)・・・本仕立てをする前に布地に欠点がある場合に直しておくことを言います。
■科布(しなのふ)・・・はまだの木皮が原料の赤褐色の粗布。棍布とも言います。
■地伸し(じのし)・・・織目の曲がりや縮みを裁つ前に直しておくこと。
■地風(じふう)・・・織物の生地の様子のことで、特にその品質が持っている風合いについて言う場合に用いられます。
■しぼ・・・織物の表面が凸凹の深さのあることをいいます。