帯について【まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■帯の種類、産地について
和装の中でも独立して格を定めることができる帯。
帯の種類と産地について触れていきます。

⇒帯の種類、産地についてはこちらから

■アンティーク帯のアレンジ

アンティーク帯は長さが短いこともしばしば。

そんな時にお役立ちのアレンジ方法をご紹介します!

⇒アンティーク帯のアレンジはこちらから

■一重太鼓結びと文庫結びの結び方

初心者さんにおすすめの、一重太鼓結びと文庫結び。まずはこの結び方から練習しましょう!

基本の2つの結び方をご紹介します。

⇒一重太鼓結びと文庫結びの結び方はこちらから

■帯の種類について1

丸帯、袋帯、名古屋帯、袋名古屋帯、半幅帯についてご紹介します。

それぞれの特徴、種類、選び方などを詳しく解説しています!

⇒帯の種類について1はこちらから

■帯の種類について2

単(ひとえ)帯、黒共帯、軽装帯(作り帯)、角帯、兵児帯、子ども帯、刺子帯、踊り帯について。

それぞれの説明や特徴をご紹介します。

⇒帯の種類について2はこちらから

■織り方と帯地について

錦織、唐織、緞子、博多織、綴れ織り、斜子織、しじら織、塩瀬羽二重の織り方、特徴などをご紹介します。

 帯選びの際の参考になさってくださいね。

⇒織り方と帯地についてはこちらから

■帯の産地について

帯の産地として有名な西陣、桐生、博多について説明しています。

それぞれの地域で生産されていた帯について触れていきます。

⇒帯の産地についてはこちらから

[template id=”2329″]
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。