紋の数で選ぶ、色無地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色無地とは、黒以外の一色で染められた無地の着物のことをいいます。
同色の裾ぼかしも色無地の一種と考えられています。素材は紋意匠縮緬や紋綸子など。

色無地は訪問着・付下げと小紋の間くらいの格で、着こなし方によりフォーマルにもカジュアルにも使える便利な着物です。
柄のない無地の着物ですから、紋が重要になってきます。

紋なしなら略礼装、普段着としてカジュアルな場面に着ることができます。軽すぎない名古屋帯から重い柄ではない袋帯まで様々な帯が合わせられますし、帯を変えるだけで雰囲気が一気に変わります。

改まった場に着ていくことが多いなら、一つ紋の色無地がオススメ。主役を引き立てるのも色無地の魅力ですから、控えめながら品格のある姿が喜ばれるはずです。

三つ紋なら準礼装となり紋無しの訪問着・付け下げよりも格調高くなります。

ご自身の用途に合わせて、着回しコーディネートを楽しんでみてくださいね。

リサイクル着物錦屋で中古の色無地を探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*