用語集

着物用語集『さ』【北九州市なら、即日発送可能】

『さ』
■佐賀錦(さがにしき)・・・手芸的な錦織の一種で、和紙に金または銀を塗り、これを細かく断ったタテ糸と色糸のヨコ糸とで織った華やかなものを言います。帯、バッグ、草履などに用いられています。
■先染(さきぞめ)・・・後染に対する語で、織物をする前の糸に色染することです。先染の物の種類では、御召、紬、銘仙、上布、木綿絣などがあります。先染の着物は、生産される地域の民芸性に富み、おしゃれ感覚の強い商品です。
■柞蚕糸(さくさんし)・・・野生の蚕から採った絹糸のことを言います。
■漣織り(さざなみおり)・・・壁糸と普通の糸を交互にヨコ糸にして織ることを言います。
■笹竜胆(ささりんどう)・・・笹竜胆(唐橘の柄)清和源氏の紋。竜胆の葉5枚を笹の葉のように並べ、上に3つの花を描いたものです。
■颯々紬(ざざんざつむぎ)・・・静岡県浜松市で織られた紬のことを言います。
■刺子(さしこ)・・・一針抜きに細く縫う刺繍の技法のことを言います。剣道、柔道着に用いられています。
■鮫小紋(さめこもん)・・・鮫の膚になぞらえて細かい点を密集させた、江戸小紋中代表な文様です。
■紗綾形(さやがた)・・・卍の形をくずして連ねた模様のことを言います。稲妻の形を模様化したものとも見える稲妻形、雷文とも言います。綸子の地紋に多く用いられています。
■更紗(さらさ)・・・小紋染めと同じ工程で染められたものです。更紗染めの着物は、民芸調の小紋着物で、趣味性の高いおしゃれ着物と言えます。

着物用語集『こ』その2【北九州市なら、即日発送可能】

『こ』
■五枚繻子(ごまいしゅす)・・・繻子目の裏表によって文様を出した生地のことを言います。光沢があるので、若向きの着物地となっています。
■駒綸子(こまりんず)・・・光沢を少しおさえ、しなやかな風合の上品な織りが特徴の生地です。中振袖、訪問着、附下、色留袖などの高級着物によく用いられます。
■駒絽(こまろ)・・・手触りがしっかりとした、現在の絽の中心となっているものです。
■子持ち縞(こもちじま)・・・大小二本の縞を並べた柄のことを言います。太い縞柄の片側に細い縞を配したものと、太い縞柄の両側に細い縞を配したものがあります。
■小紋(こもん)・・・小さな模様の型染めした着物のことを言います。現在では、模様の大中小に関係なく型染の着尺地を小紋と言います。
■小紋羽織(こもんばおり)・・・小さい模様で作った羽織のことを言います。無地の着物や上等な紬の着物に合わせると、とくにおしゃれになります。
■紺絣(こんがすり)・・・紺の地色に絣柄を白く出したものを言います。
■混紡(こんぼう)・・・糸にするまでにいろいろな繊維を混ぜ合わせたものを言います。

着物用語集『こ』その1 【北九州市なら、即日発送可能】

『こ』
■笄(こうがい)・・・髪を結った横にさすもの。
■格子絣(こうしがすり)・・・縦と横の線で格子模様の絣のことを言います。
■合繊のきもの(ごうせんのきもの)・・・合繊着物は人工的に作られた糸で織られたものです。合繊着物は汚れにくく、シワになりにくいうえ、汚れてもすぐに洗うことができるので、旅行やお稽古着にも最適です。
■石持(こくもち)・・・定紋を描くところを白く抜いた着物地のことを言います。留袖や喪服などに多く用いられ、後で自分の家の紋所を描き入れます。
■腰揚(こしあげ)・・・着物の丈を調節するために、腰部で縫い上げることをいいます。子どもの着物や浴衣など、動きやすくするためにします。
■腰紐(こしひも)・・・着物の丈を身長に応じて調節し、着物を引きずらないように形を整える役目をする紐のことを言います。帯下、腰帯、下締とも言います。
■腰蒲団(こしぶとん)・・・腰につけて用いる保温のための小さいふとんのことを言います。帯を結ぶとき、形を整えるためにつけます。
■御所解模様(ごしょどきもよう)・・・古典的な模様のひとつで、御所風の模様で御殿、庭園、御所車や扇面などを取り混ぜて描いた、上品で格調高い模様のことを言います。尾形光琳が、小菊、梅、流水、波などの日本的なものを取り入れたことで、現代的な柄になってきました。
■小袖(こそで)・・・礼服の大袖の下に着る小さい袖の着物のことを言います。
■小袖文様(こそでもんよう)・・・小さな花模様の集合体の模様のことを言います。
■古代縮緬(こだいちりめん)・・・一越ちりめんと同じ方法で織られたちりめんですが、シボが高く、少し厚くなっています。特に小紋着尺によく使われており、草木染、更紗、紅型などが多いそうです。染上りが美しく、色に深みが出て趣があります。長浜地方で織られる古代ちりめんは『古浜』と呼ばれます。
■琥珀織(こはくおり)・・・ななめに織り目のある絹の平織のことを言います。帯や袴などに使われています。
■小鞐・小鉤(こはぜ)・・・足袋などの合わせの端につけたつめ状の留め金のことを言います。
■小巾(こはば)・・・幅が36cm~38cmぐらいの織物のことを言います。
■小袋帯(こぶくろおび)・・・半巾(14cm~15cm)の寸法になっている袋帯のことを言います。羽織下や普段用に使います。
■小振袖(こふりそで)・・・中振袖と訪問着の中間の、袖丈85cm位の絵羽づけの着物で、晴着として用います。

着物用語集『け』 【北九州市なら、即日発送可能】

『け』
■軽装帯(けいそうおび)・・・太鼓の部分と胴の部分を別々に分けて仕立てた帯のことを言います。文化帯、付け帯と同じです。手軽に扱え、体型に合わせて調節でき、帯の結べない人に向いています。
■慶長文様(けいちょうもんよう)・・・着物全体が染と刺繍による豪華絢爛な絵羽模様で、大柄な絵画的な模様が特徴です。
■下布(げふ)・・・ラミー糸や木綿を混ぜて織った布のことを言います。
■元禄袖(げんろくそで)・・・元禄時代の女性用着物です。小袖になったもので、袖丈が短く快を大きくし丸形に仕立てた着物のことを言います。
■元禄模様(げんろくもよう)・・・あでやかな色彩の絵画風の自由な模様で、地色をすべてぼかしにしているのが特徴です。

着物用語集『く』 【仙台市なら、即日発送可能】

『く』
■草木染(くさきぞめ)・・・植物の葉、実、茎、音に含まれている成分を煮沸して、とりだした染料を用いて手染にした染物のことを言います。
■郡上紬(ぐじょうつむぎ)・・・岐阜県の郡上八幡で織られている紬のことを言います。玉繭糸を使用しているためツヤがあり、植物染料で色に深みがあるのが特徴です。
■口綿入れ(くちわたいれ)・・・袖口と裾に綿の入ったもので、綿入れと袷の中間期に着ます。
■久米島紬(くめじまつむぎ)・・・沖縄県久米島で織られた紬のことを言います。
■雲取(くもどり)・・・雲取り模様のことで、雲の形を図案化し、その周辺に草花やその他のものを配して模様にしたものを言います。振袖・留袖に多く用いられています。
■倉吉絣(くらよしがすり)・・・山陰三絵絣にかぞえられる、鳥取県倉吉の絣のことを言います。
■繰越し(くりこし)・・・着物の仕立て方のひとつで、衿肩明きを標準より後身頃の方にずらすことを言います。抜衣紋をするときに肩や首、背などの関係で繰越しをつけます。
■久留米絣(くるめがすり)・・・福岡県の久留米市、筑後市、八女市など地方で織られたものを言います。久留米絣の特徴は、黒に近い藍と白場との対比です。木綿絣の代表的な織物です。
■黒絵羽(くろえば)・・・黒地の絵羽織のことを言います。文様づけは色絵羽と同じ手法です。
■黒留袖(くろとめそで)・・・ミセスの第一礼装です。女性が結婚すると、それまで着ていた振袖の袖丈を短くして振りを留め、嫁いだ先に留まるという意味をもっています。模様は年配向きには色数が少なく、模様の位置も低くなっています。模様が腰高に置かれたもので、華やかなものほど若向きと言えます。生地はしぼがあり、しなやかで重みがあり、しっかりとした地風のものが使われます。
■黒共帯(くろともおび)・・・喪服用の両面黒色の帯のことを言います。帯としての種類は、袋帯か名古屋帯となっています。
■黒紋付羽織(くろもんつきはおり)・・・男性の着物姿の正式礼装です。結婚式の花婿の衣装だけでなく、仲人などの正式の衣装として、また、葬式やそのほかの公式の場での着用衣装としても用いられます。

着物用語集『き』 【仙台市なら、即日発送可能】

『き』
■生糸(きいと)・・・蚕の繭から採った繊維でまだ練らないままのものです。絹織物と呼ばれるものの原料は全て生糸で織られています。
■生織物(きおりもの)・・・「きばた」ともいわれ、生糸を精練しないで生のまま負った織物の総称です。
■吸湿性(きゅうしつせい)・・・汗などをよく吸取る性質のことをいいます。
■機械捺染(きかいなっせん)・・・彫刻した銅ローラーを型として用い、小紋などの模様を鮮明に染めたものです。色の深みに欠けるものがあります。
■幾何学模様(きかがくもよう)・・・ゴシック建築の美を想わせる現代感覚の意匠。
■着尺(きじゃく)・・・着物用の織物のことで、先染のものと後染のものとに分けられます。幅36cm長さ約12m以上の生地。幅が36cmになっているのは、背中の中心より両手を広げた手首までの2分の1の長さになっており、小幅4枚で身体を包むようになっています。
■着丈(きたけ)・・・その人の身長に合った着物の丈のことを言います。肩からくるぶしまでの長さで、男性用の長着や女性用の長襦袢、コートなどは着丈に仕立てます。
■亀甲絣(きっこうがすり)・・・六角形の連続した模様の絣のことを言います。
■亀甲模様(きっこうもよう)・・・形が亀の甲の六角形の模様になったもので、六角形の連続模様のことを言います。また、中に花菱や菊を入れたものを『亀甲花菱』、二重のものは『子持ち亀甲』と言います。
■吉祥模様(きっしょうもよう)・・・縁起の良いこと、めでたいこと、幸福を願う心に合った模様のことで松竹梅、鶴亀。瑞雲、鳳凰、菊など、本来は中国からのものであるが、日本的なものをとりいれそれらを組合せたりして、留袖や帯などに使われています。
■着流し(きながし)・・・男性の着物姿で、袴を着けない気楽な着方という意味。
■絹縮(きぬちぢみ)・・・絹織物のちぢみのことを言います。帯揚げ・腰紐などに使われています。
■生機(きばた)・・・機械で織り上げたまま精練仕上げなどをしていない織物のことを言います。
■黄八丈(きはちじょう)・・・植物染料で染められた、伊豆八丈島産の絹織物のことを言います。黄色の地に、茶、とび色などの縞を織り出したもので、その他に秋田、米沢地方でも織られています。
■九寸帯(きゅうすんおび)・・・幅が34cm~36cm、長さは4.5mの帯のことを言います。八寸の帯が略式であり、九寸帯が正式です。
■京友禅(きょうゆうぜん)・・・着物を代表する言葉で、現在、京友禅といえば京都で染められた友禅模様の着物全般を指す言葉となっています。京友禅を大きく分けると、『手描き友禅』『型友禅』『機械捺染友禅』に分けられ、それぞれがいろいろな特徴を持っています。
■切りばめ(きりばめ)・・・着物や羽織などを作る際、配色の良い違った布を自由な形に切ってつなぎ合わせ、デザインして作ることを言います。
■銀意匠(ぎんいしょう)・・・ちりめんの一種
■錦紗(きんしゃ)・・・しぼが細かく、つやがありなめらかな光沢があり、主に女性用の着物地にする緻密な織物のことを言います。
■金通し(きんとおし)・・・紋織物の全体にわたって地タテ糸と同数の金糸を織り込んだものを言います。

着物用語集『か』その2 【広島市なら、即日発送可能】

■肩裏地(かたうらじ)・・・羽織の肩から前身頃の上部、背中部分、両袖裏に使用する生地のこと。
■肩滑り(かたすべり)・・・肩のすべりをよくするために肩当につける布地のことをいいます。
■型染(かたぞめ)・・・型紙を使用し、色の数だけ、一色ずつ染め上げる技法のこと。
■肩山(かたやま)・・・着物の肩部分の一番上部のことで、身頃が前と後ろが続いていますので、肩を中心に前と後ろにたれ下がる布の中心のこと。
■金巾(かなきん)・・・綿布の一種で堅く撚った糸を目をこまかくし、薄地に織ったものをいいます。
■鹿の子絞り(かのこしぼり)・・・絞りの最も代表的なもの。着尺・羽尺・長襦袢・帯揚げ・兵児帯などに使用されます。
■壁絽(かべろ)・・・夏の襦袢や下着、紋付きなどに使用する絽の織物。
■釜(かま)・・・生地の幅の中に同じ柄が横にいくつ並んでいるかによって数え方が違う。二つ並んでいる場合は、二釜という。
■家紋(かもん)・・・各家庭の紋所。平安時代に牛車や家具に目印としてつけたものが今日に至った。礼装・色留袖・喪服などには五つ紋。訪問着などには略礼装として三つ紋。色無地・黒絵羽などには一つ紋をつけます。
■唐織(からおり)・・・中国から伝わった織物。
■唐草模様(からくさもよう)・・・中国から伝わった植物の文様。
■仮仕立て(かりじたて)・・・生地を裁ち、おおまかに縫い付けられたものをいいます。絵羽や振袖など、完成した時の状態をわかりやすくするために仮仕立をします。
■変わり織り(かわりおり)・・・織り上げる際の糸づかいや組み合わせかたを変化させて織ったもの。
■変わり茶羽織(かわりちゃばおり)・・・ウールや化繊の広幅の生地が使用されるようになってから、今までにない茶羽織のデザイン化されたもののこと。
■関西仕立て(かんさいじたて)・・・関西風の仕立て方で関東仕立てに対してこのように呼びます。
■顔料(がんりょう)・・・一定の色をあたえて着色する物質のこと。水や油にも溶けない粉末の着色剤。
 

着物用語集『か』その1 【広島市なら、即日発送可能】

『か』
■懐剣(かいけん)・・・袴着用時、ふところに入れておく護身用の短刀のこと。
■蚕(かいこ)・・・家庭で飼育される蚕を家蚕。野生の蚕を柞蚕(さくさん)といいます。2400粒の繭からおよそ一反分がとれるそうです。
■化学繊維(かがくせんい)・・・科学的に作られた繊維のことをいい、天然ものはウール・絹・麻・木綿などのことをいいます。
■加賀染(かがぞめ)・・・石川県金沢地方に昔からある染めのことで、紅梅の樹皮を染料とし、染色したものをいいます。
■手描き染め(てがきぞめ)・・・顔料または染料に豆汁、みょうばんなどを加えて生地に直接柄を描く方法を描染といいます。
■額裏(がくうら)・・・羽織裏に鳥や人物などの模様を大巾のものにつけること。男羽織に用いる羽織裏のこと。
■角帯(かくおび)・・・男性用の帯。長さはだいたい、3メートル80センチから4メートル余りで、幅は10センチくらいです。男帯ともいわれ、紋織り、つづれ織り、博多織、紬織りなどがあります。
■角袖(かくそで)・・・男性用の着物の袖で、丸みをつけない角形の袖のことをいいます。
■掛衿(かけえり)・・・着物の衿の上にかける別布の衿のこと。衿の汚れを防ぎます。
■重ね衿(かさねえり)=伊達衿(だてえり)・・・重ねて着用しているように見せるために用いる衿のこと。
■絣(かすり)・・・織物の生地の表面が染まっている部分と染まっていない部分の組み合わせによる柄の出方をいいます。
■肩あげ(かたあげ)・・・子供着物の裄丈の調整に用いられます。大きめに仕立てられてたものを成長に合わせ、あげをして着用します。
■肩当(かたあて)・・・着物の裏の肩があたる部分につけた布のこと。

着物用語集『お』 【川崎市なら、即日発送可能】

『お』
■大島紬(おおしまつむぎ)・・・奄美大島が産地。大変手間のかかる織り方、染め方で着物通の間で人気が高いです。最近は風合いを真似たものが各地で生産されていますが、鹿児島・奄美大島産を本場大島紬といいます。
■大振袖(おおぶりそで)・・・本振袖ともいいます。未婚女性の第一礼装で、花嫁のお色直しや、公式の席での晴れ着として着用しま。袖丈が二尺八寸(106cm)以上あり、三尺(113cm)とくるぶしまで届くような長い袖が優雅で美しいです。
■岡木綿(おかもめん)・・・栃木県真岡が主な産地の木綿。ほかにも愛知県尾州地方でも生産されています。
■置賜紬(おきたまつむぎ)・・・山形県米沢市、長井市、白鷹町などで作られているもののことを指します。有名なのは紅花紬で、これは山形県で栽培される紅花を染料として染め織った紬です。
■衽(おくみ)・・・着物の前の左右にある衿から褄に至る半幅の布。衽の名前の由来や発生した年代は定かではないですが、衽をつけることによって着物が、より体にふかく打ち合わされるようになり、着やすく、美しくなりました。
■衽下がり(おくみさがり)・・・着物の前身ごろの方から衽先までの間の寸法のことです。
■衽先(おくみさき)・・・衽の上端で衿と身頃との間に挟まって尖った部分の名称。剣先とも呼ばれています。
■桶絞り(おけしぼり)・・・桶の中に生地を入れ、染める部分だけを外に出して桶にフタをし、外に出た生地を染めることをいいます。
■おしゃれコート・・・着物以上に目立つデザイン、模様なのがポイントです。
■小千谷縮(おぢやちぢみ)・・・新潟県小千谷市付近が生産地の麻織物の一種。白地の絣を縮風にシボをつけて織っているのが特徴です。
■お太鼓結び(おたいこむすび)・・・大人の女性の正式な結び方。
■男帯(おとこおび)・・・男性用の幅の狭い帯のこと。角帯など。
■男仕立て(おとこじたて)・・・男性の手で仕立てた着物のこと。または、男性の着物の仕立て方のことを言います。
■踊り絵羽(おどりえば)・・・絵羽模様そのものが踊りを表現しているような、リズミカルな模様。
■踊り帯(おどりおび)・・・日本舞踊をする際に使う帯のこと。金襴、銀欄の通し柄のような華やかな色彩の模様のものが多いです。
■鬼しぼ縮緬(おにしぼちりめん)・・・シボの特に大きいもののことです。着尺、帯、風呂敷、座布団などに使われることが多いです。
■おはしょり・・・女性の着物で、着丈より長い部分を腰のところでたくし上げて、腰紐でおさえること。また、その部分のことをいいます。
■帯(おび)・・・もともとは紐状になっている細いもので、時代とともに長くなり、幅も広くなり、前で結んでいたものを後ろで結ぶようになりました。現在では着物の美しさを構成する上で非常に重要な役割を持っているものとなっています。
■帯揚げ(おびあげ)・・・女性の帯の結び目が下がらないように結ぶ紐のこと。装飾品としての役割も強いです。鹿の子絞りや羽二重の無地のものが多く使われています。帯や着物との色の組み合わせ、帯揚げの出し方などに注意をして選ぶとよいでしょう。
■帯板(おびいた)・・・帯を結んだとき、前中心や脇で帯がシワにならないように整えるものです。前板ともいいます。幅が広くベルトのついたものが使いやすいようです。
■帯かん(おびかん)・・・帯の胴の一回り先をはかって、その位置に先に縫い付けておきます。帯を巻いたときに、帯が緩まず簡単に結べるようになるため、非常に役に立つものです。
■帯締め(おびじめ)・・・女性の帯が緩まないように、帯の上に締める紐のことです。普通は平打紐や組紐を用います。装飾的な意味合いが強く、小さいですが着物と帯に合わせてきちんと選びましょう。
■帯芯(おびしん)・・・帯の形をくずさないために帯の表と裏の間に入れるもの。厚地な木綿が多いです。
■帯留め(おびどめ)・・・女性の帯の上に締める平打ちの紐で、両端の金具で止めるもの。または、その金具のことをいいます。
■帯下(おびした)・・・帯を締める腰のあたりのこと。帯から足元までの丈。
■帯枕(おびまくら)・・・帯揚げの中に入れて帯の形を整えるもの。
■御召(おめし)・・・先染め着尺としても最高級品であり、シボのある縮緬地で京都の西陣、群馬の桐生、近年では十日町が主産地として知られています。
■織段(おりだん)・・・織物の打込数の間違いによって横に段がつくこと、傷になること。
■織付け(おりつけ)・・織物の織りはじめの部分、またはその部分に横に入っている特殊な横筋のことを言います。
■織の着物(おりのきもの)・・・染の着物に対していう先染(糸を染めておいて織ったもの)の着物のことを言います。染の着物は白生地を染める=後染と言います。糸を紡ぎ、織りわざをこらし、一糸みだれず綾なされるしなやかな地合いと風趣が美しいものです。
■織の三原則<三原組織>(おりのさんげんそく)・・・すべての織物はタテ糸(経糸)とヨコ糸(緯糸)が直角に交差して組み合わされています。この組み合わせ方には原則として、平織(ひらおり)、綾織(あやおり)、朱子織(しゅすおり)があります。

着物用語集『え』 【川崎市なら、即日発送可能】

『え』
■絵絣(えがすり)・・・絣台の竹杭の間に配した糸に下に置いた絵模様に合わせて下絵をつけ、振り絣を施したヨコ糸で模様を織り表すこと。松竹梅や鶴亀のようなめでたいものがモチーフになることが多いようです。
■江戸小紋(えどこもん)・・・小さな模様を生地全体に型染したものを江戸小紋と呼びます。これは、小紋の中でも古典的なものを言い、新しい小紋と区別するためです。もとは、江戸時代に武士の裃の模様として発達してきたもので、鮫小紋や細い線のたくさん入った柄のことを江戸小紋と言いました。
■江戸褄模様(えどづまもよう)・・・留袖の裾模様のこと。年代によって柄・五つ紋の大きさが変わります。
■絵羽縫い(えばぬい)・・・着物の縫い目をまたがるような模様が食い違うことのないように、事前に要所を縫い合わせておくこと。模様の下絵を描く際に便利なようにするための仮仕立てのことをいいます。
■江戸紫(えどむらさき)・・・色の名前。藍色がかった紫で、武蔵野の紫草の染料で染めたもの。
■絵羽絞り(えばしぼり)・・・仮仕立てをして、大柄の模様を描き、その模様によって絞り染めをしたもの。
■絵羽織(えばおり)・・・文様を絵羽付けた羽織のこと。
■烏帽子(えぼし)・・・昔、公家・武士などがかぶった帽子の一つ。庶民は外出の時や晴れの場合にかぶったといわれています。
■衣紋(えもん)・・・着物の衿を旨で合わせた部分のことをいいます。また、衿を首の後ろで抜くことを「衣紋を抜く」といいます。
■衣紋掛(えもんかけ)・・・竹や木の棒に紐をつけて、着物をつるしておくもの。
■衿(えり)・・・着物を着た時に、首をかこんで前で交わる部分のことをいいます。衿には本衿と掛衿があり、掛衿には長衿と半衿があります。衿は礼装用には白羽二重を用いますが、近年は一般的に白衿を多く用いるようになりました。近年は色衿、柄衿、刺繍衿、絞りの衿など、様々な種類の衿があります。
■衿当(えりあて)・・・汚れを防ぐために衿にあてる布のこと。
■衿裏(えりうら)・・・裏衿と同じ。着物の衿の裏に縫いそろえる布のこと。
■衿肩明き(えりかたあき)・・・背縫の衿に接する部分から左右の肩にかけての部分のことをいいます。衿をつけるため肩の部分を切り開けたところ。
■衿先(えりさき)・・・着物の衿の下の端、また女性用着物の袷の衿裏の下端につける布(衿先布)のこと。
■衿下(えりした)・・・着物の一部分の名称。衿先からつま先までの間の部分のこと。
■衿芯(えりしん)・・・着物の衿の中に入れる芯の布。長着の衿は三つ紋の間にだけ入れて、羽織の衿は全体に芯を入れます。
■衿丈(えりたけ)・・・着物の一方の衿先からもう一方の衿先までの長さ。または、背から衿先までの長さのこと。
■衿どめ(えりどめ)・・・衿の抜き加減を決め、崩れないようにとめておくもののこと。