5000円以上送料無料

商品カテゴリ一覧 > 男性用 > 着物

和服 着物 男性 着物

男性用着物では、大きく分けて礼装用のものと外出着用のものとに分けられます。礼装用は紋付羽織袴で、黒羽二重五つ紋長着、黒羽二重三つ紋羽織、仙台平まち付き袴、袴下角帯、白足袋、白鼻緒付き畳表草履、白またはねずみ色半衿付き長襦袢のスタイルが最も格式の高い装いになります。結婚式での花婿や仲人のお召し物として、また、葬式や他の公式な場での着用衣装としてお召いただけます。

略式の礼装としては、無地のお召か紬などの着物に袴を合わせます。着物には紋を付けず、羽織にのみ一つ紋の縫い紋を付けます。外出着としては、お召が最適です。外出着では袴を付けない「着ながし」と「袴姿」とがあります。着ていく場所や相手との関係から、格式が問われる場には、「袴姿」で、くだけた感じでよい場合には「着ながし」と使い分けられます。

袴の産地は仙台、米沢、西陣、八王子などがあり、袴の形として「まち付き袴(馬乗り袴)」と筒状の「行灯(あんどん)袴」があります。「角帯」はフォーマルな帯で男帯とも呼ばれ、羽織、袴姿の時や、普段でも改まった時に用います。

柄は一本独鈷、三本独鈷や縞などの他に無地のものもあります。博多織が有名ですが、桐生や西陣のものもあります。それに対して「兵児帯」はくつろいだ時の男性の帯です。その名の由来は薩摩地方の若者をさす方言からきました。生地は羽二重やちりめんなどの柔らかい絹布の他に化繊のものもあります。総絞り、端絞り、無地のものなどがあります。

男性用着物の詳しい説明はこちらから

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



200 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ最後のページへ










200 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 次のページへ最後のページへ