5000円以上送料無料

商品カテゴリ一覧 > 女性用 > 黒留袖

和服 着物 黒留袖

既婚ミセスの第一礼装『黒留袖』。

結婚式に新郎新婦の母親や仲人夫人、親族の既婚女性が着る正装のきものです。女性が結婚すると、それまで着ていた振袖の袖丈を短くして振りを留め、嫁いだ先に留まるということからその名称がつけられました。その特徴は裾模様で、「江戸妻(えどづま)」とも言い、染め抜きの五つ紋付き、共八掛が普通です。

留袖を着る際、白地の下着を重ねて「本重ね」としていましたが、現在では白羽二重の比翼仕立てが一般化しています。模様は年配向きには色数が少なく、模様の位置も低くなっています。模様が腰高になり、華やかなものほど若向きになります。生地は一越縮緬・古代縮緬などでシボがあり、しなやかな重みがあり、しっかりとした地風のものが使われます。

近年では、扱いやすさからシルクの風合いに似た化学繊維を使った品もあります。合わせる帯は丸帯か袋帯、綴袋帯が一般的です。帯揚げは白、帯締めも白および金・銀、佐賀錦を合わせます。

黒留袖の詳しい説明はこちらから

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



132 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ










132 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ

関連ジャンル
名古屋帯 帯揚げ 帯締め
袋帯
相談