商品カテゴリ一覧 > 女性用 > 盛夏

和服 着物 盛夏

盛夏とは、透ける生地を裏地を付けずに仕立てた着物のことです。
生地も絽(ろ)や紗(しゃ)といった夏用のもの、麻、木綿などの様々な生地が使用されます。すべての生地に透け感があり、「清涼感」を感じることができますし、実際に着用していても涼しいです。
フォーマルなものも「流水」や「蛍」のような涼しげな柄が多いです。
夏の着物は暑いと思われがちですが、盛夏は夏の暑い時期を涼しく過ごすことができる着物となっています。

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



131 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ

盛夏 正絹

0盛夏 正絹

3,218円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 正絹

0盛夏 正絹

2,138円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏着物 混紡

0盛夏着物 混紡

1,598円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

盛夏 混紡

0盛夏 混紡

2,138円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 化繊

0盛夏 化繊

通常価格2,138円のところ
1,496円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 小紋 綿麻混紡

0盛夏 小紋 綿麻混紡

通常価格10,584円のところ
6,350円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

盛夏 正絹

0盛夏 正絹

通常価格10,584円のところ
6,350円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 正絹 良品

0盛夏 正絹 良品

通常価格7,344円のところ
4,406円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 「八重山絣」 麻

0盛夏 「八重山絣」 麻

通常価格42,984円のところ
25,790円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

盛夏 混紡 良品

0盛夏 混紡 良品

通常価格2,138円のところ
1,496円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 五三桐の一ツ紋付 正絹 良品

0盛夏 五三桐の一ツ紋付 正絹 良品

通常価格21,384円のところ
12,830円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 紗 正絹

0盛夏 紗 正絹

通常価格17,064円のところ
10,238円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

盛夏 正絹 良品

0盛夏 正絹 良品

通常価格12,744円のところ
7,646円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 化繊

0盛夏 化繊

通常価格3,218円のところ
2,252円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏着物 小紋 混紡 良品

0盛夏着物 小紋 混紡 良品

通常価格7,344円のところ
4,406円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

盛夏 小紋 正絹

0盛夏 小紋 正絹

通常価格2,138円のところ
1,496円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 化繊

0盛夏 化繊

通常価格7,344円のところ
4,406円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 混紡 良品

0盛夏 混紡 良品

通常価格6,264円のところ
3,758円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

盛夏 混紡 良品

0盛夏 混紡 良品

通常価格14,904円のところ
8,942円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏着物 小絣 「ほしぎ織物」 正絹 美品

0盛夏着物 小絣 「ほしぎ織物」 正絹 美品

通常価格23,544円のところ
14,126円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
盛夏 附下 化繊

0盛夏 附下 化繊

通常価格12,744円のところ
7,646円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

正絹 盛夏 五本駒絽小紋

幅広い年代の方におすすめ
正絹 盛夏 五本駒絽小紋

通常価格10,584円のところ
6,350円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
化繊 盛夏 夏御召小紋

幅広い年代の方におすすめ
化繊 盛夏 夏御召小紋

通常価格8,424円のところ
5,054円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


131 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ

盛夏とは
イメージ  着物は季節によって装いを変えます。
一番長い期間着用する袷は、10月から5月までとされています。夏の着物には単衣と盛夏の2種類。春単衣は6月に、秋単衣は10月着用と決め、暑さの厳しい7、8月は盛夏を装います。ルールのある着物はたいへんと思いがちですが、理解してしまえば簡単なことですし、逆に着物の奥深さを楽しめます。
盛夏は最も暑い時期の装いです。透ける生地を裏地なしで仕立てます。
絹の絽、紗といった盛夏ならではの独特な生地が登場し、着物も帯も涼やかな雰囲気になります。
盛夏の特徴は生地の透け感。実際に着ていても風が通り爽やか、見た目にも涼しさが伝わります。柄も蛍や流水など涼しさを感じさせるものが多く、暑いながらもお洒落感を演出するように計算されています。
麻や木綿生地のものはカジュアル感覚で楽しめます。家庭での洗濯も可能ですから、浴衣代わりに着る人もいます。
帯や長襦袢、小物も絽や紗、レースなどの夏用でコーディネートしましょう。
失敗しない盛夏の選び方
イメージ 夏の着物の着こなしポイントは、相手にも涼やかさを感じてもらうことです。
透け感の美しい盛夏の着物はまさにその雰囲気を醸し出します。照りつける日差しの中、絽や紗の着物を着た女性の姿は見ているだけで清涼感を感じさせてくれます。
粋で颯爽とした佇まい、一年中で数ヶ月しか目にしないことなど、いろいろな理由で盛夏は憧れの着物です。また、一歩踏み出せない難しそうな着物でもあります。しかし夏の着物のルールも基本さえ理解すれば案外躊躇なく着こなせるものです。
盛夏の着物代表である絽はドレッシーな雰囲気。留袖や付け下げなどでもよく使われるので一般的です。この時期にフォーマルの場へ出席する頻度が多ければ、家族や会社の代表として招いてくださった人への礼を尽くす意味でも一枚持っていれば安心でしょう。
紗も通気性がよい夏素材の着物です。絽よりも絽目が大きく、生地全体に透け感があるので下着には気を配りましょう。上布は麻の肌触りが楽しめます。
盛夏の着用シーン
イメージ 洋服のように着物も衣替えをします。暑い時期、寒い時期を快適に過ごせるよう季節に合わせて仕立てや素材を替えるのです。地域によって一概には言えませんが、10月から5月は裏地の付いた袷、6月と9月は裏地のない単衣、7・8月の最も暑い時期は盛夏と言われる透ける素材の着物を着用します。
先方に失礼がない程度、また気候に合わせてなど正装で出席しなければならない時以外は比較的自由に装う傾向にあります。帯や小物を透ける素材にして涼やかさを演出できるのも着物の楽しいところです。
フォーマルの場に盛夏の代表格である絽の訪問着か付け下げで出かける場合、やはり織りの絽か紗の袋帯が基本です。紬は公式には締められませんので注意しましょう。
お茶会では絽の色無地が無難でしょう。ただ透ける素材なだけに長襦袢も細心の注意が必要です。冬用ではなく必ず夏用の襦袢を着用します。 紗も全体的に透けていています。繊細で趣のあるこの生地は、装束などにも使われます。
盛夏の種類
イメージ 暑い時期、締めつけるイメージの着物はつい敬遠されがちです。しかしそのような季節にこそ、颯爽と着物姿で人前に登場すれば究極のお洒落として一目置かれるはず。基本を理解すれば着物のルールは簡単です。憧れの盛夏の着物もトライして見る価値ありです。
盛夏は、たて糸とよこ糸の密度が荒く織られた生地の総称です。
絽は搦み織りの一種。盛夏用の絹で、染めの生地です。平織りを混ぜて織られるので、搦み部分に隙間ができます。シマシマ模様に透けているのはそのためで、その隙間を絽目と呼びます。絽目が横に連続するものを「よこ絽」、縦の場合は「たて絽」となります。絽の着物はしなやかで、体に沿うようなシルエットはとても魅力的です。
他にも縮緬糸を使用した絽縮緬、本駒糸の駒絽など多くの種類があります。
紗は独特の張り感があり、肌にまとわり付きません。白い長襦袢が見える透け感の演出は涼やかこの上ありません。
上布は産地独特な技法で織り上げられた高級な麻織物です。
盛夏の歴史
イメージ 日本人は古来より豊かな四季の移り変わりを目で、肌で敏感に感じ取ってきました。季節感を出してお洒落を楽しむという考え方が独自の文化を育み、その証が着物の世界と言えるでしょう。
当然寒い時期は暖かく、暑い時期は涼しく装うという機能的かつシンプルなスタンスも含まれますが、やはり日本の美意識こそが世界に誇れる着物文化を生み出したと言えるのではないでしょうか。
暑さを楽しみ、乗り切るための盛夏の着物はその文化の象徴の一つです。
紗の歴史はたいへん古く、正倉院の中にも見られます。もともと中国が発祥で、日本に伝えられたのは奈良時代と伝えられています。平安時代には公家装束の夏の衣として盛んに用いられました。
絽は、紗の変形として江戸時代の日本で生まれた織物です。当時は織るのが難しかったと言われていますが、現代では織り機の発達により容易に織ることができ、種類もさまざまあります。
盛夏の着物を目にすれば、日本文化の深さ・誇りを実感するはずです。
関連ジャンル
名古屋帯 帯揚げ 帯締め
袋帯
相談