5000円以上送料無料

商品カテゴリ一覧 > 女性用 > 付け下げ

和服 着物 付け下げ

『付け下げ』は訪問着の代わりとして着る社交用の着物(きもの)です。戦時中に訪問着を着ることを禁じられた際、派手な絵羽模様の代わりに考えられた着物です。 付下げという名称はその模様付けからついたもので、肩山、袖山を中心に前後に模様が振り分けられ、模様の向きが上向きに付けられたものです。反物のままで、身頃、おくみ、衿、袖になる部分の寸法をしるし、着物に仕立てたときに模様が合うように染め上げています。訪問着に比べると模様が少なく華やかさに欠ける面があり、地味な印象を与えます。

反面、控え目な模様取りで、お茶席などの落ち着いた場では好まれる着物でもあります。訪問着のような華やかな絵付けの付下げを「付け下げ訪問着」、裾から肩にかけ、あるいは袖下から袖山に向けて柄模様がすべて上向きになるように染められた小紋風の付下げを、『付下げ小紋』といいます。生地も一越縮緬から駒綸子、紋綸子などの縮緬から白紬地まで幅広く使われております。

帯は用途に合わせて、袋帯、名古屋帯など自由に合わせられます。訪問着と同じく、披露宴、表彰式、年賀、お茶会、初釜、パーティ、同窓会、宮詣り、挨拶回り、などに着ていけるきものです。多くの社交的な場にお召しいただけるお着物です。また、入学・卒業などの付き添いに行かれるお母様のお召し物としても最適です。

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



547 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ










547 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ

付け下げとは
イメージ  着用時にすべての模様が上向きに描かれているのが付け下げの特徴です。
 上前・胸・袖に模様がありますが、訪問着と比べ裁ち目に柄がまたぎません。そのため訪問着より付け下げの方が略式と位置づけられていました。しかし現在は訪問着でもスッキリした柄があったり、付け下げでも絵羽模様に近かったりと区分けが曖昧になってきています。ほぼ同格と考えていいでしょう。
 決定的に違う点は、訪問着は呉服店で仮縫いの状態で売られていますが、付け下げは反物を丸く巻いた状態で売られています。お客さんの体に当てて販売するスタイルです。絵羽模様より仕立ての手間が少ない分、安価で手に入ります。
 付け下げは既婚・未婚を問いませんので使い勝手がよい着物です。紋が入れば友人の披露宴やパーティーなど少し改まった場で着ることができます。紋がなく柄が軽い物は街着として楽しめます。訪問着より手軽な、小紋より華やかな着物が付け下げと言えるでしょう。
失敗しない付け下げの選び方
イメージ 一般的に訪問着と小紋の中間的な存在の着物と考えられている付け下げですが、選び方次第ではたいへん幅のある楽しみ方ができます。
 フォーマルな場、式典などに出席する頻度が多いなら紋付きをおすすめします。箔入りなどの袋帯を締めれば訪問着に準じた改まった装いになります。
 すべての着物に言えることですが、着物の柄は季節感を表す重要な要素です。季節の先取りルールを踏まえつつ、着用するタイミングを常に考えましょう。格式ある席なら花鳥風月の古典柄、優しい色合いが好まれます。
 逆に遊び心のある柄は粋や個性を演出できます。小紋感覚で街着にもなりますから観劇、食事会などによいでしょう。
 柄の大きさも着姿には大切です。身長の低い人は小さめの柄を選ぶとすっきりします。また、長身の人は背の高さを目立たせないために縦線があまり強調しないものを選びましょう。
 付け下げはカジュアルにもフォーマルにも応えてくれる万能な着物ですね。
付け下げの着用シーン
イメージ 多種多様な柄が選べる付け下げは、さまざまなシーンで活躍してくれます。
 少しよそいき感覚で街着を楽しみたいときはスッキリした柄付けのものを選ぶと帯、小物などが合わせ易くなるでしょう。織りの名古屋帯、おしゃれ袋帯を合わせるとカジュアルな中にも品のあるコーディネートになります。いつもより贅沢なランチ会や昼間の観劇などに適しています。
 お茶会の場合はその会の趣旨によって装いがかわります。 格式高いお茶会には三つ紋、または一つ紋が付いたものを着るとよいでしょう。柄は古典柄や季節感のあるものが無難です。華やかな袋帯を合わせるととても素敵です。
 気軽なお茶会ならば紋が入っていなくてもよく、織りの名古屋帯でさらりと着こなすのも粋に見えます。 友人の結婚披露宴には、おめでたい柄や金を配した模様の着物が喜ばれます。帯も金地の袋帯を選びましょう。
 幅広く着用可能な付け下げだからこそ、その場のTPOをわきまえて装う知識とセンスが重要です。
付け下げの種類
イメージ 訪問着と小紋の中間に位置する付け下げは、使い分け次第でさまざまなシーンに対応してくれる便利な着物です。時の流れ、その時代のニーズに合った多種多様な付け下げが創作され、現代に至っています。
 一見訪問着と変わらない柄付けの付け下げを、付け下げ訪問着または絵羽付け下げと呼びます。見分けるポイントは衿と胸の柄がつながっているかどうか。つながっていない場合は付け下げです。金彩加工や刺繍をほどこしているので訪問着と同格と考えてよいようですが、略式と捉えて着用する方が無難です。
 付け下げらしい要素を備えた飛び柄は、仕立てる際に縫い目をまたぐことはありません。決して華やかで豪華な印象はありませんが、控えめな品格を醸し出します。改まったお席に品よく着こなしたいものです。
 小紋は繰り返しの柄が上下を問いませんが、付け下げ小紋の柄はたとえ繰り返しの柄でも必ず上を向いているのが特徴です。小紋よりは少しよそいきの感覚でお洒落を楽しみましょう。
付け下げの歴史
イメージ 歴史をひも解くと、付け下げは生まれるべくして生まれた庶民のための着物だと分かります。
 付け下げが登場したのは戦時中。当時の政府は国民に質素な生活を求めていました。一般人に訪問着のような絵羽模様の華やかな着物、贅沢な着物を禁止したのです。
 そこで訪問着に比べて地味で控えめな付け下げが代用として考案され、定着します。花柳界の仕事着として重宝されていましたが、その後昭和30年代より幅広く着られるようになっていきます。
 確かに訪問着と比べるとおとなしい印象ですが、肩・衿・胸・袖などに多種多様な模様が施されているので当時の女性は許される限り意欲的にお洒落を追求したことでしょう。また訪問着より気楽に着用できる略礼装・社交着ということで、女性が幅広いシーンで活躍していく時代の流れにも合ったのかもしれません。
 着物の魅力が見直されている昨今、付け下げは女性のニーズに応えながらこれからも愛され続けていくでしょう。
関連ジャンル
名古屋帯 帯揚げ 帯締め
袋帯
相談