5000円以上送料無料

商品カテゴリ一覧 > 女性用 > 付け下げ

和服 着物 付け下げ

『付け下げ』は訪問着の代わりとして着る社交用の着物(きもの)です。戦時中に訪問着を着ることを禁じられた際、派手な絵羽模様の代わりに考えられた着物です。 付下げという名称はその模様付けからついたもので、肩山、袖山を中心に前後に模様が振り分けられ、模様の向きが上向きに付けられたものです。反物のままで、身頃、おくみ、衿、袖になる部分の寸法をしるし、着物に仕立てたときに模様が合うように染め上げています。訪問着に比べると模様が少なく華やかさに欠ける面があり、地味な印象を与えます。

反面、控え目な模様取りで、お茶席などの落ち着いた場では好まれる着物でもあります。訪問着のような華やかな絵付けの付下げを「付け下げ訪問着」、裾から肩にかけ、あるいは袖下から袖山に向けて柄模様がすべて上向きになるように染められた小紋風の付下げを、『付下げ小紋』といいます。生地も一越縮緬から駒綸子、紋綸子などの縮緬から白紬地まで幅広く使われております。

帯は用途に合わせて、袋帯、名古屋帯など自由に合わせられます。訪問着と同じく、披露宴、表彰式、年賀、お茶会、初釜、パーティ、同窓会、宮詣り、挨拶回り、などに着ていけるきものです。多くの社交的な場にお召しいただけるお着物です。また、入学・卒業などの付き添いに行かれるお母様のお召し物としても最適です。

付け下げの詳しい説明はこちらから

4 件中 1-4 件表示 


4 件中 1-4 件表示 



531 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ










531 件中 1-24 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ

関連ジャンル
名古屋帯 帯揚げ 帯締め
袋帯
相談